Tundra

Permafrost
Passive
Tundraは凍った敵に対しより多くのダメージを与え、より長く凍らせる。凍結された敵へのダメージと凍結の効果時間を100%増加

Glacial Sweep
Left Muse Button
杖で殴り、氷属性のダメージを与える

Icicle Burst
Right Mouse Button
弾速の遅い3つのツララを放つ

Wall of Frost
Q
Tundraの前方に敵の動きを阻害する氷の壁を作る。壁は5秒後自壊する

Flash Freeze
E
範囲内の敵を即座に凍らせる氷の爆発

Avalanche
Shift
巨大な雪だるまになり転がる。移動速度が上がり敵に氷属性のダメージを与える

記事を読む →
スポンサーサイト

Maximilian

Cose Enough
Passive
トラップの設置コストが15%下がる

Shock Bolt
Left Muse Button
クロスボウによる電撃の一撃

Absolutely Stunning Bolt
Right Mouse Button
当たったときに爆発する矢を発射し、周囲の敵を一定時間気絶させる

Can't Touch This
Q
Maximilianに雷のバリアを張る。一定時間のダメージを軽減し、攻撃してきた敵へダメージを反射する

In your Faces
E
当たった敵へ大きなダメージを与えるクロスボウボルトを発射する。当たった敵の背後にいる敵へ雷ダメージを伝播させる



記事を読む →

Dobbin

Short Stack
Passiv
大きなミニオンは小さなDobbinを攻撃することはありません。

Shovel Swat
Left Muse Button
半円を描く近接物理攻撃

Dust Devil
Right Mouse Button
敵の防御力を下げる砂嵐を作ります。同時に、この砂嵐は敵の移動速度を下げ触れた敵から20%の確立でコインの袋をドロップします

Mineshaft Shortcut
Q
Qキーを長押しすることでトンネルを掘ります。このトンネルは二つまで作成することが出来、自身を含むチームメイトはそのトンネルを使いワープすることが出来ます。トンネルが破壊された場合、90秒のクールタイムが発生します

Spare Dynamite
E
ダイナマイト投擲!爆発に当たった敵は25%の確立でコインの袋をドロップします

記事を読む →

Black Paw

Pounce
Passive
Black Pawは2段ジャンプをすることが出来る。この能力はマナを消費する

Slashing Claws
Left Mouse Button
半円形の攻撃範囲

Wound the Prey
Right Mouse Button
敵にダメージを与え、マーキングを行う。このマーキングされた敵に対しBlack Pawは+250%のダメージを与える

Call to the Beyond
Q
2体の分身を召喚する。この分身はWound The Prey(右クリック)によってマーキングされた敵を優先的に狙う

Go for the Throat
G
敵に噛みつき大きなダメージを与えると共に、自身の体力を回復する


記事を読む →

Bionka


Queen Of The Unchained
Passive
敵を倒すことでUnchainedメーターがより多く溜まる

Mace to Face
Left Muse Button
広い攻撃範囲を持つBionkaの攻撃

Slam It Down
Right Mouse Button
フレイルを地面に叩きつけ、大きなダメージを与える

Bionka Bounce
Q
Bionkaがジャンプし小さな地震を起こす。周囲の敵を空中に打ち上げる

Beat Dem Back
E
Bionkaがフレイルを振り回し中距離まで届く攻撃を行う。この攻撃は大きな敵をも吹き飛ばす

記事を読む →

KOF XIVは今、Steamで予約が開始していて、予約をした人にはクローズドベータ版が遊べるようになっています

で、いざKOF XIVを遊ぼうとしたらアケコンが動かなかった というお話

記事を読む →




かねてよりSteamでの発売が決定していたKOFシリーズ最新作、「The King og Fighters XIV」。
Steamにて商品ページが公開され、6月16日の発売が決定しました。

記事を読む →

先月辺りから、Orcs Must Die! Unchainedをまたやり始めました

今、賛否両論となってるSteamページですが実際のところそれらは今年1月辺りの大型アップデート前の評価が引きずっているからで今ちゃんとレビューをし直せば概ね好評程度にはなるんじゃないかな、と

記事を読む →