上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AYTです

魔人探偵脳噛ネウロを全巻買いました

元々このマンガ好きだったんですが、自分が仲のいい本屋さんに全巻そろっていたこともあり
読みたいならそこ行けばいいや 程度だったんですが
昨今の暗殺教室ブームで売れてしまって全巻揃わなくなったので買うことにしました

アマゾンで。

小説版もついてきてそっちのほうが安かったししょうがないよね

いや売ってる本は買うんですけどね
エデンの檻とか。20巻まとめ買いして自転車で運ぶのは辛かった
カゴ壊れてるから手持ちやし・・・うん。
・・・あれ?手持ちってダメだったっけ?

3巻のおまけマンガにムヒョロジのコラボマンガがあってそーいえばそんなマンガもあったなぁ、と
アーロニーロアルルエリ。いやこれはブリーチ
あの作者の次のマンガはなんだか読む気が起きなくて読んでませんでした
案の定すぐ消えちゃってそれから連載見てないな

あの頃ってブリーチもまだ看板でしたし、ナルトも少年期だったはず。もう青年期だったかな?
で、サイレンじゃなくみえるひとでボーボボも連載してたし太蔵もまだ連載してた気がする。ジャガーも連載してたな

ジャガー、連載終了したときは信じられなかった
なんかこう安心できる場所が無くなったというか、食後に水を飲んでふぅーと落ち着く、その水がなくなってしまったというか
思えばそれからな気がする、自分がジャンプで連載しているマンガ全部読まなくなったの

ネウロの話に戻りますか
えっと、確かそのころまだ中1とか小学生とかその辺りで、少し早めの厨二病だったんですよね
BlueTwothメンバーによく、「このド外道が」とか「サド野郎」だとか言われるんですがその性格ってこのネウロっていう作品で出来た性格なんですよね
未だにタッチパネルというかアイフォン系とかの操作、左手で持って右手の中指で操作してたりするんですがこの中指というのもネウロからですし
実はチョコチョコ絵を描いたりしてるんですが、その絵もネウロに出てくるような抽象画みたいな感じですし
実際は一時期話題になったトゥルトゥルの人で完全にそっちになったわけですけど
そう考えるとこのネウロという作品は自分の人格整形に大いに関係があるわけです

いい方向か悪い方向かは置いておいて。

と、そんなところでした
暗殺教室と平行して読むと本当にこの人絵上手くなったなぁ、と思う反面、
ネウロにあった尖った表現、抽象画とか過激なパロディとかが少なくなってしまって残念だなぁという気がしないでもないです
ただ今週号で理事長がシックス化したらしいのでそういう表現がまた復活するのを期待してます

ちなみに自分、あんまり評価が高くない暗殺教室の日常パートが結構好きだったりします
E組み皆で復讐する話。3巻の第23話から24話の話ですね
こういう話が地味に好きです
シリアスパートの間に短い期間でパッと入ってくる小話

いーですね、とてもEです。

・・・あ、最後の一文言いたかっただけってのバレバレ?

まぁ、そんなところです
今読んでも十分に面白いというかむしろ伏線多すぎて後から読んだほうが面白いという珍しいマンガなのでぜひ読んでみてください

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Steam ゲームプレイ時間

AI鎮圧の練習

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。