AYTです
バットマン:アーカムオリジン、アマゾンなら6000円越えのところをSteamでは通常価格約5000円でご提供させていただきます
簡単な日本語化作業で約1000円の割引です


さて、バットマンの感想
微妙ゲーかもしれない・・・。

グラフィックスゲー とはならないんですよね
移動中は画面の半分がバットマンなのでどうしてもバットマンのグラフィックに目が行ってしまうのですが
個人的には前作のアーカムシティと大差ないかなぁ、という感じ

ムービーシーンのグラフィックに関しては完全に100点
ただムービーだけグラフィックが良くても・・・という感じ

街中のグラフィックに関しては十分なんですが、歩行者がいるオープンフィールド大正義のアサクリシリーズをプレイしていると少々見劣りする部分も。
ぶっちゃけゴッサムシティで夜出歩いてる人間なんて自殺志願者か犯罪者のどっちか
極論行ってしまえば異常者だけなんでしょうがないんですけど


あとはPS3とかXbox向けに作られてるのでしょうがないんですが、キーボードで遊ぶには少々難有りかなぁと
1000円の金払ってPS3版買うのもありだったかもしれないなんて思ったり
あっち予約してたから特典もついてきたしな・・・


さて、マイナス点だけ述べていてもただのネガキャン記事になってしまうのでプラス点を

前作から引き継がれる戦闘シーンや街中の飛行はやはりというか当然楽しいです

バットラングとか普通に死にそうな切れ味と威力ですし、爆破ジェルとかどうなんだソレって武器もありますが一応不殺を信条としているバットマンを忠実に再現しているのではないかと

高性能なコスプレに身を包んだ格闘技が得意なオッサンを忠実に再現してます
大事なことなので以下略

X-Menのような超能力を持たない、アメコミ世界ではただの一般人なバットマン
当然人類の利器である銃に対してはほとんど無力ですし、割と簡単に死ぬわけで
相手に場所を探らせず、悪夢のように相手に近寄り音も無く無力化する
そういう慎重かつ大胆なステルスアクションはアサシンクリードを彷彿とさせつつ、空飛ぶ楽しさという独自の面白さがちゃんと存在しています


飛行に関しては当然100点
ワイヤーを使って高速移動。バットスーツで長距離移動と臨機応変な飛行を実現
急降下して勢いをつけたあとに上昇。敵に狙いをつけて一撃離脱の戦法を取ったりと自分が好きなように好きなだけ飛べます
あんな筋肉の塊があんだけで滑空できるわけ無いじゃんとか言ったら世界中のバットファンを敵に回すぞ。

とりあえずそんな感じ

MGSや無双系のような突撃してオラオラして突破していく というようなゲームじゃないです
あくまでバットマンは一般人。銃持った3人に囲まれたら即死です即死

とはいっても敵兵割とバカなんでゴリ押しならぬ静か押しでどうにかなっちゃったりもするんですけどね
「オイ、コイツは重症だ。手伝ってくれ!」と言っている1M後ろで味方が首絞められててもまったく気付きませんし。
MGSとは違うといいましたが、敵兵のバカさ加減で言えば同じくらいかもしれません

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近買ったゲームの評価まとめ

How to survive PC(Steam)版FAQ

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)