上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AYTです

BF3では援護兵をメインに遊んでいました
今回も例に漏れず援護兵ばかり使っているのですが、とりあえず武器のレビューをしていきます
U-100 MK5

ボックスマガジンでリロードが楽な分、継続戦闘力は低め
その分リロードが速く、連射しても比較的まっすぐ飛ぶので他兵種をメインに遊んでいるなら十分な性能

んでマジメな話
援護兵として遊ぶなら正直物足りない性能です
普通に突撃を繰り返すような戦法ならカービン銃や他の兵種を使ったほうがよく
遠距離なら装弾数の問題で他の銃やスナイパーを使ったほうがいいです

援護兵はハイポッド(バイポッド?)を立ててからが本番と言えるのでどうしても的になりやすく
それを補うために弾幕を貼り、出来るだけ被弾しないようにします
つまり弾幕を張り続けられるかが生命線となるため、弾数が少なく頻繁にリロードしなくてはならないこの銃はどうしても他の銃に劣ってしまう、という評価です

時間が経って最適なアタッチメントでも見つかれば輝くのかもしれませんが、それなら他の兵種使えばええんとちゃうんか、と
自分の評価としては割と残念な感じ

TYPE-88 LMG

U-100の後にアンロックされる、実に援護兵らしい銃
ハイポッドを立てない状態で使うと割と悲しい集弾性ですが、ハイポッドを立てたときの強さはピカイチ
まぁ援護兵ってそういう兵種ですけど・・・

U-100とは運用方法が変わるため注意が必要
単発撃ちで撃てばある程度の距離も対応できます。大体4発当てればよほど当たり所が悪くない限りは死ぬはず
とりあえず援護兵を使うならコイツ
強いて言うならLMGLv2から使えるようになることが欠点か


LSAT

Type88の装弾を減らし反動を減らした感じ
尖った性能があるわけでもなく、扱いやすく、オススメできる銃


PKP PECHENEG

威力が上げて反動が強くなったType88
威力が上がったことにより敵を倒すために必要な弾数が減り、装弾200発をより効果的に利用することが出来る
ただし反動が大きいため移動中の遭遇戦は不得意
ハイポッドをつけて待ちに強くするか、グリップで攻めに強くするかは自分次第

なお、アイアンサイトを使うと下半分がほとんど隠れてしまうほど銃本体が大きい
バトルパックや武器経験地で早くサイトをアンロックしたいところ。


そんな感じ

今作は若干弱くなったかなぁ、って印象
理由としては二つ、C4が無いこととハイポッドが立てづらいこと
C4に関してはアンロックしてしまえば援護兵でも使えるので、とりあえず目標にして援護兵頑張ってます
で、ハイポッドが立てづらいことに関してはこのままかのちのち修正が入るかのどっちか
最悪これ以上悪くないことは無いと思います

前回はもっと色々な場所で立てれたような気がしたんですけどね、ハイポッド
大きく崩れるところが多いからそう感じるだけなのかもしれません
どうでもいいですが、BF3からのテクニックで上を向いてから右クリックすると若干立てやすいです

では。
終わり。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BF4 LMGアンロック完了

最近こんな動画が流行っているらしい

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。