05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

自分の頭の中の自分 

AYTです

PCが壊れてゲームも出来ません
ので、書くこともありません

ですが喋ることはあるのでそれを今回書きます

「作家ってのは世の中に無数にいる」
「いるね」
「で、そんなかで成功するのはほんの一握りだ」
「確かに」
「じゃあその成功する奴と成功しない奴の違いはなんなんだ?」
「なんなんだろうね?」
「それは運だ」
「運なのか」
「その通り。多くの人の目に止まったり、多くの人に気に入られた作品を作る、『運のいい作家』が成功をするんだ」
「それは実力というものなんじゃないの?」
「いいや違うね。その実力というものも結局は『そういう実力を持って生まれる』という運によるものだ。だから運のいい作家が成功するんだ」

と、いう会話を俺の中のもう二人が頭の中で勝手に会話をし始めます
仮に、ということにしましょう

この二人の立場はいつでも逆転します
赤が話し、青が聞いていますが、青が話し赤が聞くということもあるわけです
そしてその話を俺は一人聞いているわけです

赤が知識を披露し青が覚える
青が知識を披露し赤が覚える
二人が知識を披露し俺が覚える

まぁこの二人も結局は俺なので、俺が知っている事以外は喋らないのですが
その知っていることから議論していくので知っていること以上の話しを始めるわけです
二人とも知らない、これ以上話しようがない話になると勝手にいなくなるのですけど。

ここ最近はこのブログでどんな記事を書こうか、とか
クランでVCしたときどんな話をしようか、とか話してますね
この記事も二人が「そういえば俺らの話は書いたことがないよな」という話から書いているわけですけど

この二人はとても空気が読めて、俺が暇だなと思っているときは話を始めますし、俺が忙しいなと思うときは話さないんですよ

そしてこの二人の話はとても面白い
当然といえば当然なんですけど、俺が興味のある話しかしない
ゲームの話とか、クランの話とか、ブログの話とか。
だから俺は暇が好きだったりします

ちなみに今はブログを書くのに忙しいので二人ともいません
少しくらいは手伝って欲しいのですけど。

あとは動画作ってるときとかもいません
「ここのところもう少しこうすればいいんじゃないか?」
とか意見くれてもいいんじゃないかなとか思ったりするんですけど

まぁ何も無いときには二人でこういうエフェクトやってみようぜ、とか こういう編集やってみようよという話をしていたりするんで参考にしていたりするんですけどね
問題は俺がいざ編集するときに思い出せないことなのですが・・・。

んでまぁ、そういうオチ無しで勝手に逃げていく二人
そういう話ばかり聞いているからでしょうか、このブログにもオチがある記事というものは非常に少なく。
この記事にもそういうオチというものや、オチへ纏めていく、という文も無いです

と、いうのが今回のオチ

勘違いしないで頂きたいのが別に俺は怪しいお薬や変な煙を吸ったりするような方ではないですよ
気が付いたらいて、気が付いたら住み着いてたってだけです

おかげさまでブログへ書くことやクランで喋ることには事欠きません
・・・まぁ、ブログ書いてもそのまま消しちゃうことが多いんですけどね

では。

終わり。

関連記事
スポンサーサイト

category: ブログ

Posted on 2014/01/02 Thu. 23:41  edit  |  tb: 0   cm: 1  

コメント

いつの間にそんなサブカル男子になったんだ

でも少し羨ましい楽しそう
考えようとしなくても考えてくれるっていいな

あと記事にもっと写真掲載して!
面白いゲームを紹介してくれるのは嬉しいが、1枚とかでいいから画像ありだとパッと見雰囲気分かるからもっと面白そうに感じる

ノシ

かびごん #- | URL
2014/01/06 16:38 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gikonekonetoge.blog79.fc2.com/tb.php/397-a0562857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)