上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AYTです

ゲームプレイ動画を撮影したり投稿していたりするとどうしてもブチ当たる壁に容量の問題があり、その結果今から撮るぞ!やってやるぞ!という時以外はどうしても撮影出来ないものです
自分自身、そういう問題は多く例えば連続キルを取っても撮影していなかったりしていたわけです

ですがここで画期的なソフトがありまして、その名もShadowPlay
影のように起動しつづけアナタのゲームプレイを監視し続ける撮影ソフトです

畳む


撮影ソフトということで直接の撮影はもちろんのこと、このソフトのもっとも優れている、そして画期的である点は、過去に流れた映像を後で保存出来るということ。

例えば先に書いたとおり、100連続キルしました!ですが撮影してませんでした・・・('・-・`)というような事態のとき、ありますよね?
上級プレイヤーの方は1000キルかもしれませんが、とりあえず100連続キルしたとしてです
撮影していなければ意味がありません

ですが、このソフト
起動していた間の画面を密かに保存しつづけるシャドウ時間という機能が備わっています
当然、その機能をONにしていたからといって特別重くなるわけでもなく必要なときに必要だったゲームプレイシーンを瞬時に録画出来るということです
もちろんキモなのは「だった」であること
過去に遡って映像を拾ってこれるなんて、それは擬似的なタイムマシンと呼べるのではないか?!

とは言ってもこの機能にも弱点はあり、

1.20分遡って撮影は出来ないこと
2.ソフトを起動していなかった場合は遡れないこと
3.NIVEDIA以外のビデオカードでは動作しないこと


この3つが主に弱点になります

1に関しては20分以上の撮影が必要な場合(ゲーム実況など)はおとなしく通常の撮影機能を使う
2はゲームをプレイする前はソフトを起動すること
この二つに注意していれば問題ないと言えるでしょう

で、3に関してはどうしようもなく、おとなしくNIVEDIAビデオカード買って下さいとしか
これはNVENCの機能を利用しているからであって・・・詳しくはわからないので自分で検索してください
またこのNVENC機能を備えていないGeForce GTX600シリーズ以前のビデオカードでは動作しません。ご注意下さい
またシャドウ時間はShadowPlayeの、ShadowPlayはGeforce Experienceの機能の一つであるため、シャドウ時間を体験したいならGeforce Experienceの導入が必須になります。

Geforce Experience -NIVEDIAドライバインストールページ

まぁNIVEDIAの常駐ソフトらしいんで、NIVEDIA派な人は大体持ってそうなんですけどね

とにかく動画製作者としてこれ以上ないくらいありがたい機能な『シャドウ時間』
未対応ゲーム(KOFXIIIなど)や、ウィンドウモードに対応していない点などもありますが、それを補って余りある長所を持っています

「動画撮影中にいいキル取れないんですが、撮影中止するととたんにいいキルが取れます・・・。・・・え?ビデオカードですか?NIVEDIAですけど・・・」

といった方たちに最高にオススメのソフトです。

そんな感じでした。
Frapsのように重くも無く、画質も音質も十分なレベルで無料ソフトなのも大きい
NIVEDIA使いに取ってはコレ以上無いくらいのソフトな気がします
こんなソフトを知ってしまったら「この投稿者○○(撮影ソフト)とか使ってるしw 時代はShadowPlayeだろJKww」とか嘲笑してしまうかも。
そんなレベルの、アタリソフトでした。

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「BlueTwoth」一部メンバー「BlaCkBoy」へ移籍。

BattleBlock Theater レビュー

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。