04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

[Steam]Rise of Nations: Extended Edition レビュー 

AYTです

10年くらい前のゲーム、「Rise of Nations」が「Rise of Nations: Extended Edition」としてSteamに復活
日本語化は今のところ不可。

情報
レビュー者のRTSの腕前は
Age of EmpiresⅢをプレイヤーvsコンピューターの3vs3、難しいを時代Ⅴまで上げてなんとか勝利出来る程度
使用国はアステカ
一人じゃ無理って感じ

以上の下手っぷりを理解して読んでください。

畳む

僕自身AoEⅢくらいしかRTSはまともに遊んでいないのでAoEⅢと比較させてもらいます

RTSとしてはかなり普通な感じのゲーム
市民を作り、資材を集め、兵士を作り、進化させ、時代を上げる
AoEプレイヤーやその他RTSをプレイした人間なら難なくプレイすることが出来ると思う

やれることが多いので、なんというかRTSになったCivとか、近代まで遊べるAoEとか、そんなイメージ。

AoEⅢとは敵AIの難易度が違い、下から2番目の難易度であるイージーでさえ割とエゲツ無い数の軍隊を揃えてくる
ついでに兵士達のバランスも良く、歩兵、騎兵、攻城兵器を混ぜてくるため普通に強い軍隊が襲い掛かってくる
イージーだからと言って「チョーヨユーッス!」なんて言ってたら間違いなく「親父ィィィ!」することになる

初めてプレイした人間の最初の壁となるのは最大取得資源数の値だ。
倉庫の容量ではなく、ようするに一度に取れる資源の上限、という意味。

初期値では100、それ以上の資源数は取得できない
つまりAoEⅢのように資源がほしいなら市民を増やしまくればいいというわけではないのだ
もちろんこの値は増やすことが可能で、自国のライブラリーの下から2番目、または中央上の▼▼▼アイコンの中の右から2番目の項目で増やすことが出来る

このゲームで重要な要素となるのが国土の存在だ
国土には二つの種類があり、国の領土、そして町の領土が存在する
町は開発、そして敵国の町を占領することによりたくさんの数を持つことができるが、AoEのように町の中心を好きな場所に建てれるわけではなく、国土の中、町の領土の外にしか作ることが出来ない
そして資源は町の領土の中のものしか採集することが出来ない。また畑などは基本的に町の領土に作れる制限数が決まっている
例えば畑は5つまで、学問所は一つまで、偉大な建物は一つまで、といった具合だ
町の数は研究により増やすことが出来るが、建物の制限数は国の特色を除き増やすことは出来ない
また資源をとる場所をたくさん建てたからといって上記の取得資源数を突破したり、増やすことは出来ない

AoEⅢの場合、時代Vで大体南北戦争直前、もしくは最中辺りの時代になるがRoNの場合はほぼ今の時代まで進ませることが出来る
大体2000年くらいの装備の兵士を操れると考えてもらえば概ね正解だ

ところで、2000年というと少し前に人類の戦争を大きく変える兵器が誕生した
カンのいい人なら分かると思うが、皆さんご存知「核」である。「核爆弾」。「ニューク」である。
2000年辺りの軍隊を操作出来るこのゲームでは発射することが可能で、最大まで研究を終えていれば目標地点の辺り一面、「更地」というか「くぼ地」にすることが出来る
なお爆発跡地に兵士を送り込んでも放射線でダメージなんていう仕様は無いので安心してほしい

ほかにはアポロ計画を進め、宇宙進出をすることで勝利をしたり、偉大な建物を多数建てることで勝利ということも可能だ

個人的な意見としては、まだ慣れていないのもあるがAIが強すぎると感じた
AoEⅢの場合、国にも寄るが兵士を町に溜め、一塊で出撃させ、また溜めて・・・という繰り返しを行う
そのためその繰り返しを防ぎきれるならなんとかなる場合も多い。

しかし、RoNの場合出撃が止まないのだ
常に兵士を輩出しつづけ、進撃が止まることのない軍隊・・・ロシアですら真っ青である
結局、時代5辺りまで行くと戦車と航空機による一長一短の押し合いが始まり、進む手立てがなくなってしまう

こうなると打つ手は3つ。
時代進化させ技術で殴るか、時代進化させ核の炎に包まれるか、偉大な建物による文明勝利の3つ。

とはいっても、技術で殴るのは相手に追いつかれればそれで終わり
核の炎は相手の領土満遍なく多い潰すような勢いでやらなければすぐに修復されてしまう
RoNのAIの特徴として自身の軍隊と敵の軍隊、体力と数を見て攻めるか攻めないかを考えているようなので偉大な建物による文明勝利が一番楽な気がする
というか自分がプレイした8時間、文明勝利でしかまともに勝っていない点を考慮すれば察するというものだ

総評
非常に面白い。
非常に面白いが、後半の一長一短の押し合いになると一気に変化が無くなってしまう。押し合いになるということは町がお互いに近いからだ。
そうなるとやはり、ダレてしまうというか疲れてしまう。難しいことではあるがサクッと決めてしまいたい

ちなみに、このゲームでの一番の機転は「投石や投げ槍が銃へ変わるころ」、つまりマスケット銃の登場、ちょうどAoEⅢの時代3~4くらいである
やはり「銃は剣(や槍)より強し」ということだろうか
銃をいかに早く作り、敵を侵略するかが大きな差となるだろう。目安としていただければ幸いだ

そんな感じです

ぶっちゃけ、日本語化が無いのがかなーり辛いです
「この兵士はどういう特徴を持ってて、どういう攻撃をするのか」というのを確認出来ませんからね
作って戦場で試して初めて能力を知ることが出来ます。RPGではそれでいいのかもしれませんが、RTSだとそうは行きません

一応、RoNの過去作である「Rise of Nations Gold」、「Rise of Nations: Rise of Legends」の日本語化はあり、どちらも試してみたのですがダメでした・・・
かなり作り直されてるようですね、その過去作遊んだこと無いんで分かんないんですけど。

最強国はアメリカらしいです。バランスブレイカーなレベルで、ガチ対戦で連れてくるのはご法度なレベルなんだとか。おーこわ。
時点で日本。ただね、刀じゃなく火縄銃を持って進軍するSAMURAI兵士に何の魅力があるんだと・・・

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト

category: ゲームレビュー

Posted on 2014/06/18 Wed. 16:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gikonekonetoge.blog79.fc2.com/tb.php/563-21fd3033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)