AYTです

今や生活に欠かせないインターネット。
そのインターネットには自分の氏名や住所、財産、その他色々な個人情報を晒しながら使用しています

でその個人情報を守るために私達はIDとパスワードを使っているわけですが、ここ最近、それらの乗っ取り被害が多発しているらしいです
それらの被害から身を守る術、というか注意点を書きます。

畳む


1.ID、パスワードは絶対に教えない

もっとも重要なことです
例え長年付き添った仲でも、IDとパスワードは絶対に教えあってはいけません
これは相手が信用出来るから、ではなく乗っ取り被害の可能性を減らすためです

例えば自分自身は完璧であっても、教えた人が完璧だとは限りません
Aさん、Bさん、Cさんと教えた人間が増えれば増えるほどその危険は高まります
どうしても、の場合は教えた後、用が済んだらパスワードを変更するようにしましょう

2.安易にURLを踏まない。

乗っ取り被害で聞く話の中で最も多いのはこのパターンです

『○○万円が当たりました!以下のURLをクリックして確認してください。』
『http://......』
のようなものは既に笑い話となるようなレベルですが、引っかかる人も当然います
これらをクリックしただけでパソコンに残っている履歴からパスワードを抜かれる可能性があります。注意しましょう

最近では、Steamフレンドを装いメールでURLを送ってきたり、SkypeIDを交換した後URLを送って・・・というようなパターンも増えてきている様子。
『知らないフレンド登録は無視する。または送り主の情報を確認する』ということを忘れないようにしましょう
熟年のスチーマーの人なんかは
『知らない外人からフレ登録飛んできたら無視。悪質ならブロック。日本人でも様子見。情報に何も書いてないなら無視』
なんて人もいるみたいです
こういうのは慎重なのに越したことはありませんから、これくらいのレベルでちょうどいいと考えてください

3.プリペイド番号(その他番号)は教えない

特殊なパターンですが、こちらも被害があります
こんな感じの被害にあった人もいるので注意してください

iTunesカード以外でも、クレジットカードなどの番号などもこれに当てはまります
この女性は1万円程度ですが場合によってはもっと大きな金額を取られる可能性もあるので注意してください
※なお、 この女性 この方はのちに自演だったと言っています。

ところで、上記のURLを簡単に踏んだ方、いらっしゃいましたでしょうか?
ウチのブログはクリーン。誰でもウェルカムなんでそんなことは無いんですが、もしそういうURLだったらどうしたんでしょうか。
こういう手もあるということで、お気をつけてくださいな。

4.怪しいファイルのダウンロード、「.exe」を起動しない

これはパスワード乗っ取りとは直接関係無いのですが、ネットを徘徊していると時々、怪しいファイルを見つけることが出来ます
例えばファイル名が文字化けしていたり、見たことが無い拡張子の入っているファイルです
そういうものをダウンロードしてウィルスに感染する、というパターンがあります
知り合いも一人、パソコンがそれっぽいなって人がいます。爆弾アクエr

私はゲームを割ったことが無いんで分かりませんが、ゲームの割れファイルでもそういうことになる人がいるみたいですね。因果応報でざまぁwすぎる
ちなみにこちらから見ることが出来ます

Steamを持ってる人間からすれば当然なんですけど、Steamゲーで基本割れとか出来ないんで・・・。
Steamを介さない、よーするにディスク販売してたりするゲームなら出来るみたいですけど、よくは分からんです。

とにかく少しでも怪しいと思ったファイルはダウンロードしないこと
というかそういうところにアクセスしないこと。
「アクセスしただけでウィルス感染するかもしれない」の気持ちでネットサーフィンしましょう。




とにかく、少しでも「怪しい」、「おかしい」、「何だコレ?」と思ったら触らないようにしましょう
URLは踏まなければ大丈夫ですし、ファイルもインストールしなければ大丈夫です
踏んでいいかどうか分からないURLなら、最悪コピー&ペーストで検索をかけることで踏んでいいURLかどうか判断することが出来るでしょう
踏んだねらーとかがあのURLはヤバいって通達してるだろうし。

もしこの記事を読んだ方いらっしゃいましたら、ぜひ周りの方へ注意喚起してあげてください
こういうPC被害って伝えていかなきゃね。とくに日本人、そういうのに疎い人間多いから・・・。

そんな感じでした。

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Don't Starve レビュー

イベント機能で『描いてみた』が簡単に。ペイントソフト「openCanvas 5.5」紹介。

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)