AYTです

最近格闘ゲームに興味が出ていて、当然ながら「ウルIV」も興味があるわけですが
前作の「スパIV」はなんか色々と挫折してしまっていました

で、今週のファミ通の表紙がウルIVで、とりあえず中身も確認せず買ってきたわけです
「大丈夫?ファミ通だよ」とネッキーがずっと囁き続けていたんですが、とりあえず買ってきたわけです

ウルIVですか?
ほとんどのページがスパIVの人気投票とかでぜんぜん役立つ情報無かったです
で、まぁ買ったんだしと後半のコラムを読んでいたんですが、なんというか考えさせられたものがあったのでそういうのを書いてみます

畳む


次長課長の井上さんや、伊集院光さんなど、ゲーム好きな有名人たちが己のゲームのことなどを書く半ブログのようなコラム。
僕のブログも攻略記事なんかは控えめで、こうしましたよあーしましたよ、このゲームはこうでしたよといったレビュー記事ばかりです

ただやっぱり、そういう・・・なんていうんでしょうか?
「オカネを貰っているものだから」なんて言い訳は通用しないとも思いますが、とても読みやすいですね

とくに井上さんの「うわごとですのでご勘弁」は「確かにその通りだ」と共感を持てる文章から、その後の身の上話、そしてゲームの攻略と正直嫉妬しちゃう感じでした
自分の記憶が確かなら井上さんはかなり前から書いているはずなので、そういう経験の差というのもあるのかもしれません
もちろん、そういうライターさんがちゃんと推敲して、選別して、読める文に仕立ててるのかもしれませんけどね

何が書きたいかって言えば、やっぱ知名度って大事だなぁって。ブランドとも言う
例えば明石家さんまさんがラジオをやるとなるとお金を払ってでも聞きたいんですが、同じ値段でその辺の生主放送聞きたいかと言われれば絶対NOなわけです
同じ理由で僕のブログの文章をそのままファミ通に載せても絶対読まれない、でも、僕のブログでそういう有名人が書いたならお金が入る可能性がある
有名人になりたい!というわけではないんですが、やっぱりその、ちょっとゲンナリしちゃいますよねぇ

と、そんな感じでした

とくに書く必要の無い記事だったなぁなんて思いながら、未来の自分が振り返るときにこういう記事あってもいいかなんて思って書きました

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

近況報告。

SteamでRoboCraft配信。

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)