AYTです

2KセールスでXCOM: Enemy Unknown買いました
あとバイオショック1、2も買いましたがまだプレイしてません


スクリーンショットはSF系のFPSやTPSを思わせる感じですが、中身はまったくの別物で、ターン系のシュミレーションとなっています。早い話がCiV
プレイヤーは対エイリアン専門の軍隊の司令官となり、キャラクターたちに指示を出したり、施設での研究、建設の指示を行います。早い話がCiV

とりあえず戦闘画面
開始→移動、索敵→エイリアン(敵勢力)の発見→撃破→移動、索敵→・・・を行い、ミッション目標をクリアしていきます
ミッション目標は敵勢力の全滅や護衛対象の救出、護衛などがあります

各兵士、敵勢力は2回の行動が許されていて、2回移動、一回移動して攻撃、一度も動かずスキル使用 などその場面に応じた適切な行動を行うことが出来ます
これにより、敵に対し有利な位置から攻撃したり、攻撃されにくい場所へ逃げたりしながら戦うわけです

特徴的なのは味方兵士がポンポコ死ぬこと
マップ上に配置されたオブジェクトで敵からの攻撃を耐えて反撃するというのが主な戦い方になるのですが、逆に言えばそのオブジェクトに貼り付けない状態や、横から攻撃を受けた場合大概死にます
よくて失血状態。この状態になるとファーストキットが無ければ3ターン後死にます
で、味方が死ぬとランダムで味方がパニック状態に。おもむろに真横にいた味方に対し撃ちまくったりします。当然死にます

と、まぁ味方が死にまくるわけですが、生き残り、勝利した場合は撃破した敵に応じて階級が上がりスキルを貰えたり、能力値が上がったりします
まぁ能力値が上がっても死ぬときは死ぬんですが。

ちょっと触った感じとしては、ダッシュ(行動値2回消費して遠くまで移動出来る)を行うのは確定状況以外はしてはいけないということ。
例えばすでに味方が前進していて追いつかせたいとき、もしくはアサルトのスキル「ラン&ガン」の使用時以外は使ってはいけません
むやみなダッシュは痛い反撃を受けるフラグなレベルなので、移動→監視or攻撃が安定行動な気がします
※監視 → その場に留まり、射撃範囲内で一番最初に移動した敵へ攻撃する、カウンター攻撃のようなもの。複数の監視対象区域へ入った場合同時に攻撃を行う。動かずに攻撃された場合監視の効果は発動されない

戦闘はそんな感じ

で、本部では衛星を打ち上げて国を監視したり、研究を行う、本部を大きくするなどを行うことが出来ます
とくに衛星は衛星を打ち上げた国のパニックレベルを即座に下げれるのでアップリンクと合わせて一つ以上は余裕を持っておきたいところ
研究はその名の通り、武器やアイテムなどを研究することが出来ます。研究したあとはそれまでより強力な武装、防具や強力なアイテムを手に入れることが出来ます
本部は大きくすることで、研究の速度が上がったり衛星の数を増やすことが出来ます。たくさんのお金が必要なのでエイリアンの死体を売却するなどして対策しましょう

このゲームはマップに出てくる敵、出現位置が固定されています
最終的には敵の出現位置を覚え、それに対策していくというゲームらしいんで個人的には本部で決まるゲームなんじゃないかなぁと
やっぱゲームは戦いじゃなく、戦いの前の準備が本番なんですよねぇ・・・。

で、面白いかどうかと言われればクソ面白い。
敵がノーマルでも強く・・・。というか、普通に全滅するくらいには強いんですよ
しかもしっかり監視している敵と突っ込んでくる敵と、両方いたりする配置もエゲツ無い。
しかし、しっかり対策をし考えれば倒せないこともないわけで、「倒せるレベルと倒せないレベルの絶妙な難易度」なんですよね
デモンズソウルとかが好きなプレイヤーはハマりそう。ぼくは好きじゃなかったけどハマった

と、ここまで書いたわけですが『戦闘し、レベルを上げ、施設を建て、能力値を上げ・・・』という行程、何か感じるところは無いでしょうか
そう、スマホゲーのCoCとかとシステムは似てるんですよ。戦闘して施設建てて能力値上げて・・・って。
実際、XCOM: Enemy Unknownはスマホでも出てるらしいです。遊んでないけど
Steam持ってなかったり、日本円表記になったSteamが気に入らないというのであればそちらの購入を考えてみるのも手の一つかもしれませんね

そんな感じでした。

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

[Steam] XCOM: Enemy Unknown 『悪い点』 レビュー

War Frame テクノサイトウイルス(感染体)の今後考えてみた

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)