08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

[Steam]Tom Clancy’s Splinter Cell Blacklist レビュー 

AYTです

トムクランシーおじさんシリーズの「スプリンターセル ブラックリスト」についてとりあえずのレビュー書きます

とりあえず、のレビューということでまだクリアしてません
2時間ほどプレイ。

で、過去のトムクランシーシリーズは「コンヴィクション」「ゴーストリコン:フューチャーソルジャー」の2作品と、トムクランシーシリーズと言っていいのかはわかりませんが「ゴーストリコン:ファントム」の三作品をプレイ。上記2作品はクリア済み。

まず触って驚いたのが自由度の高さ
それらを書いていきます

まず、ゲーム本編はメタルギアソリッド:ピースウォーカーのようなものだと考えていただければ分かりやすいかと
後ろから近寄って近接攻撃で一撃。実にメタルギア。
それに加え、アサシンクリードのパルクール、フリーランニング要素を付け足したような感じ
重装甲の兵士には通常の近接戦闘では効果が薄いので、高い場所から強力な攻撃を仕掛けるなどただの移動手段ではなく攻撃アクションとして大きな役割を持っています

また、「歩いていくと発見されてしまうルートでも高い壁伝いに移動すれば発見されない」という場面も多く、パルクール要素がただの攻撃するためだけの要素ではないということを助長させています

「メタルギアシリーズ」ではなく、『「MGS:PW」のようなゲーム』と書いたのは理由があり、PWで大きな要素の一つであったマザーベース、本拠地の強化を行えるからです
これは「MGS:PW」にあって「MGSシリーズ」全てで行える要素ではないためこう書きました
本拠地を強化することにより重要なアイテムが発見しやすくなったり、マップ上で装備の変更が出来る(通常ではミッション開始時にしか変更出来ない)ため、ストーリー進行での大きなアドバンテージとなります
また、初期段階ではロックされている武器などのアンロックも行えます
他のゲームで例えるなら「アサシンクリード2」の街育成などが近いでしょうか?
拠点を強化するお金と、武器をアンロックするお金とは共通なのでMGS:PWよりはアサクリ2のほうが近いのかもしれません

さて、「このゲームの良い所」を挙げました
ので次は「悪いところ」を挙げていきましょう

自分はコントローラーではなくキーボードでプレイしているのですが、最初の設定がキーボードではなくコントローラーの設定になっていました
恐らく自分がアーケードコントローラーを挿しているのが原因だと思うのですが、他のコントローラー対応のゲームではこういうことが無かったので残念に思います

そしてキーボードの反応が非常に悪い
Qキーを押すことでカバーアクションを行えるのですが、なぜかスペースキーで行うアクションと混同することがあります
例えば乗り越えられる、腰程度の高さの壁にカバーアクションを行いたいのに、なぜかスペースキーで行える乗り越えをしてしまう。そういう場面が多々あります

また、スペースキーの入力も入力と長押しで何か切り替えているらしく、正しいアクションを行いたい場合は的確にスペースキーを離すという動作が求められます
慣れればどうということは無いのですが、逆に慣れるまでは致命的なミスを犯してしまう要因にも。

まだあります、スペースキーの問題。
壁乗り越えのアクションやドアの閉開、その他様々なアクションをスペースキーで行うのですが、マップオブジェクトへのアクションもスペースキーで行います
Eキー使わないんだからEキーに割り当てれるようにしてくれよ、UBI。

ついでにもう一個、キー入力の問題。
足音が重要になる、ステルスアクションゲームである本作
歩きと走りの切り替えの初期設定がなんとCaps Lock。
察しのいい方は理解したと思います。自分もキーコンフィグ2度見しました
その通り、歩こうとすると日本語入力になりWASDの操作などを受け付けなくなります
キーコンフィグ入れ替えればどうにかなるのですが・・・ちょっと、どうなんだろう。という感じです

もう一つ、不満となった点が「協力ミッション」について
販売からある程度の時間が経ったこのゲームでは、いわゆる野良プレイヤーは存在しません
のですが、ゲーム内では普通に協力でのみ進行可能なミッションが存在します
つまりどこかのサイトや掲示板などで一緒に遊んでくれる人を探したり、友人を誘わなければクリア出来ないミッションが存在するということです
「マルチプレイヤーモード」として『ストーリーとは別枠ですよ』という感じにされていれば気にならなかったかもしれませんが、普通にストーリー選ぶ未来掲示板みたいなのから進行出来るため『サブストーリーと分かっているけどストーリーの一つ』のような感じになっちゃってるんですね。説明がムズカシイ。
NPCが付いてきてくれる、という救済措置なんかあるわけもなく、ただクリア出来ない、中身をチラ見することすら出来ないミッションがあるだけというなんというかすごーく気持ち悪いというか、釈然としない感じなのです


とりあえず、ゲームの出来としては良ゲー。
ただキー操作回りが不満なのでコントローラーでプレイすることと、全部のミッションをクリアしたい!と思っているなら友人と一緒に買う必要がある、という点に注意が必要です
まぁ俺コントローラー試してないからそれで操作がマトモになるのか分からないけど

なんというか、着想も出来もいいのに爪が甘いというのはすごくUBISoftらしいなぁ。と思いました(小並感)

そんな感じでした

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト

category: ゲームレビュー

Posted on 2014/12/24 Wed. 12:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gikonekonetoge.blog79.fc2.com/tb.php/685-098781ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)