トムクランシー スプリンターセル ブラックリスト のネタバレ注意


黒人兵士のブリックスさん。
とあるミッションではサムおじさん(主人公)の潜入を手助けするために
『手足どころか近くを銃弾が通り過ぎた瞬間即死するレベルの狙撃銃を連射』し、『10人近くの敵を一瞬で撃ち殺す』というプロのFPSプレイヤーでもまず見られないレベルの超狙撃を実現する未来ある(サムおじさんと比べて)若者です

そんな超人ブリックスさんと比べると比較的人間であるサムおじさん
任務中、有毒ガスを吸い込み敵陣のど真ん中で昏倒するというヘマをやらかします
その後、敵に捕まり敵のボスに拷問を受けてしまいます

そのとき!扉を破壊し颯爽と敵を倒しながら現れるブリックスさん
ハンドガンでワンショットワンキルを4回ほど行う凄腕を見せつけ、ボスと対峙。なお一般人であるサムおじさんは人質にされました
射撃音からトカレフだと判断したブリックスさんは冷静に今までの発砲数を数え、残り一発だと得意気。なおサムおじさんは無力にもそのトカレフを頭に突きつけられています
無残にも引かれる引き金!なぜか一発装填されていなかったため運良く生き残ったサムおじさん
ボスを追いかけろと指示を出すも、心優しきブリックスさんはサムおじさんの救助を優先
その結果、「任務遂行至上主義」であるサムおじさんは激情。チームからブリックスさんは外されてしまいます

いやね、確かにボスを追いかけていれば倒せただろうけど、その結果サムおじさんは恐らく死んでたんですよ。毒が体に回って。
で、ボスを追いかけなかった!で怒るのはまだ分かる
その後、あの超狙撃を行えるブリックスさんを外すのはどー考えてもおかしい
まず間違いなくシモ・ヘイヘに匹敵するレベルの狙撃手だし。
その後、ブリックスさんが助けに来てくれる!ってなったときにも来んな!ってブチ切れるし。

クソ老害と化したサムおじさんにガッカリしました、という記事でした。

とりあえずアレだ、サムおじさんの装備にガスマスク追加しよう。ナイトビジョン付きの高性能なヤツ。

そんな感じでした。

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

[WarFrame]外人と二人で遊んでたら「So」って言われた

[Steam]Tom Clancy’s Splinter Cell Blacklist レビュー

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)