08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

今までのゲーム、プレイ時間順で色々無駄なことを書く。 

AYTです

WarFrameがプレイ時間450時間突破しました。積み重ねって怖いね。

そんなわけで、Steamゲーのプレイ時間10位までの思い出をつらつらと書いてみます

WarFrame

多分、今のところ人生で一番遊んだゲームになると思う
思い出に残っているゲームは?と聞かれればこれからもこのゲームになるんじゃないだろうか
それくらいプレイしているゲームだし、それくらい思い入れのあるゲームになっている

・・・にも関わらず、未だランクは13だし、MODも全然強化してないし、プライム品もプライムアクセスで手に入れたエクスカリバーPとSAKANA Pだけだし。
ホント深いゲームだなぁ、と。

この中で思い入れのあるフレームや武器、というとやっぱりSARYN、そしてSOMAになるんだろうな、と思う
SARYNはまだ最強のフレームだ、というにはMODの強化が足りていない。でも、一番使ってるし、唯一スキン買ったし。
・・・あ、唯一、じゃないな。エクスカリバーのスキン買ってるわ
とにかく、ナイスバディな面やアリビティの強さ含めて一番好きなフレームです

SOMAは、なんというか気がついたらいた、という感じ
何で使い始めたのかも覚えてない。多分Wikiコメント辺りで強いと聞いたからだと思う
それでも、今のところ一番信頼のおける武器になっているし、SOMA Pは初めて自分で集めて自分で作ることの出来たプライム品となってくれた
思い入れのある武器、となるのはそれだけで十分だと思う

そんな感じ。


KOF XIII

やっぱり、とても難しい。
格闘ゲームは生半可なことで極めることなんて不可能だとつくづく思う
暴れ小足や対空小パンなんて考えて動くことは出来ないし、誰かと戦うたびに自分のヘタクソさを押し付けられているようで辛い

それでも出来なかったコマンドや、コンボが偶然でも決まればそれで一歩進めた気がするし、実際進んでいるんだろうなと思う
それが実戦でも出来るようになればなぁ・・・。また一歩進めるんだろうか

そんな感じ


AoE Ⅲ

RTSというジャンルに初めて触れた作品
コロンブスがアメリカ大陸を発見する辺りの歴史という、学校の教科書では学べないことを教えてくれた作品でもある
もしこの作品を知らなければまさか世界の歴史の中でラクダに乗って戦う兵士がいたことは知らなかっただろうし、ロシアの人間は畑で生まれることも知らなかったと思う。大分間違った知識なのは理解してます

攻め際と引き際の理解、自分の今のそれを成り立たせているのはこの作品のおかげなのではないだろうか

そんな感じ。


PlanetSide2

こんなゲームがあるのか、という驚愕さ
そして何より、NPCがいなくてもゲームは成り立つということを教えてくれた作品
リアルな戦場、とは言えないけれども、こういう戦争が人類の歴史にはあったのかもしれない
そんなことを考えながらプレイ出来る作品だと思う
CoDやBFのような、一個人で戦争をどうにかできる、なんていう幻想を打ち砕いてくれる作品でもあるかもしれない

「CoDで超強い俺なら実際の戦場に行っても活躍出来る」
そんなバカげたことを考えているのならぜひこのゲームをプレイしてほしい
圧倒的数と戦車には一人の歩兵は無力なのだと実感出来る

あと、無料FPSのくせに要求スペックすごく高いから「このゲームを起動できて快適に遊べるかどうか」で高スペPCとの判断が容易なのも魅力の一

そんな感じ
ラスト

WarThunder

史実の戦争、史実の機体、実際の航空機運用の難しさ
そういうものを全てひっくるめて楽しめるゲーム

<<敵が後ろに付いた!助けてくれ!>>
<<待ってろ、今助けてやる!>>
そんな会話をしながら仲間とVC繋いでやるのがすごく楽しいゲームです

「このゲームの脱初心者は機体の旋回性能、砲の火力を覚えて勝てる相手かどうかを見極めれるようになってから」
という、非常にありがたいお言葉を先ほど友人から頂きました
そこまでゲームにのめりこむ、ということは多分無いのかもしれませんが、少なくとも航空機と戦車の知識については無駄に増えること間違いないゲームです


そんな感じ

なんか、振り返りというよりはレビューになってしまった
「千の風になって」を頭の中で(何故か)イメージしながら書いたのですごく淡白な文章な気がするけど、気のせいだと思う
ぶっちゃけ、WarThuder以外はプレイ時間100時間越えてるし多分WarThuderもそのうち超えると思う
どのゲームも超、面白いゲームなんでプレイしてくれれば幸いです

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト

category: ゲーム

Posted on 2014/12/29 Mon. 02:43  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gikonekonetoge.blog79.fc2.com/tb.php/693-9afc6f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)