AYTです

普段はProxy Rhinoに+メディック職で遊んでます
というわけで、Rhinoの立ち回りというか使い方について。


Rhinoについて

まず、RhinoというMarcについておさらい。

ライノとは角を持つサイの英語名のことで、ゾウの次の大きな陸上動物と言われています
その姿に恥じぬタフネスを誇り、分厚い皮膚と頑丈な角でライオンやハイエナなどの肉食獣を撃退することもあるほどです

ちなみに幼少期、自分はサイよりトリケラトプスのことを知るのが早かったので、初めて動物園でサイを見たときには「トリケラトプスはまだ生きていたのか!」と感動した記憶があります
どうでもいいですね。

さて、このDirtyBombでのRhinoは元ネタの通り、存分な体力と驚異的な威力を誇るミニガンのより敵を殲滅する。タンクとしての役割を持っています
とくに体力に関しては驚嘆の一言で、ネーダーのグレネード直撃を耐えきり、ファントムによりカタナ・スライスを二撃、耐えきります
その代償として足がもっとも遅く、銃を持ったオーラにナイフで追い付けません。というか、普通の歩きに走りで追いつけるか怪しいくらいには遅いです

なので一度倒されると前線へ戻ることは他のMarcよりも遅くなってしまいます

立ち回り

このキャラクターがもっとも輝く瞬間
それは言うまでもなく、満場一致でオーラのヘルスステーション範囲内に陣取った時です
元々200という驚異的な数字を出していた体力は無くなることを忘れ、二人や三人くらいならば物ともしないでしょう

しかしそれはヘルスステーション内にいるときのみ、です
孤立してしまったライノは足の遅さ、そして体の大きさが災いし七面鳥撃ちにされてしまいます
なのでオーラがいない場合は味方との位置関係、敵からの被弾面積などを考えた慎重な立ち回りを要求される、玄人向けのキャラクターとなります

ミニガン

ライノをライノ足らしめる武器は体力の多さだけではなく、このミニガンにも存在します
近距離での火力は爆発物を超える、ゲーム内最高火力と言っても差し支えないほどの火力を有しています

しかし、その火力を出すためには本体同様慎重な扱い方が必要となります
中距離以降を狙うにはタップ撃ちが必要になり、撃ち過ぎればオーバーヒート
スピンアップをしていれば移動速度は遅くなり、音で相手からは位置がバレる。

ですが上手く扱えれば、これほど強力な武器も無いと言えるほど強くなります

まず、弾切れが存在しない。
基本的に所持弾薬が少ないDirtyBombに置いてこの能力は特筆すべき点です
つまり弾薬補給の必要が無いわけですから、オーバーヒートさえしなければずっと前線で戦い続けられるわけです

次に、タップ撃ちの精度はそこまで悪くありません
BFシリーズのLMGくらいには集弾します。連射すれば広がりますが。
なのでそれなりの距離でも結構な有効打になったり、場合によっては喰うことも可能というわけです

で、このキャラクターのもっとも強いところは、相手の侵攻を止めれることにあります
ミニガンの駆動音で居場所を知らせ、「目の前に出てきたら蜂の巣にしてやるぞ」、という恐怖を相手に植え付けることこそがこのMercのもっとも重要な仕事なのです
上手い奴しかいないときは絶対に勝てる状況でしか喧嘩売ってこないから全然スコア伸びないのよね

総評

オーラがいなければ、少なくともメディック職がいないなら使わないほうがいい

タップ撃ち出来ないなら使わないほうがいい。もしくは狭い道に行く

こんなん使うよりフラッガー使った方が強い。 ← 重要

銃弾を「あああああああああ」ってバラマキたいだとか、敵に「やべぇよ、やべぇよ」って思わせたいときくらいにしか使う価値無し。
強いて言うならバリケードの守りの最初だとか、アンダーグラウンドとか、狭い道が多いMAPなら活躍できる
チャペル辺りなんかはマジで稼げないんで。それなら汎用性高いフラッガー使った方がいいよ
俺は「あああああああああ」ってやりたいからRhino使うけどね

そんな感じ。

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

[DirtyBomb]Double Credits Weekend

[DirtyBomb]Phantom、戦った感想。

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)