AYTです

MAD MAXのレビュー書きます

Steam版の日本語版。


買うべきか買わないべきか
迷っている人にどちらとも言えないというのが今作

クソゲーでもなければ神ゲーでもない
強いて言うなら良ゲー、並みゲー

いまどき、MAPの広さはゲームの優劣に関係は無い
広ければ広いほど面白いならMinecraftは最高の神ゲーだし、CoDのストーリーは話す必要もなくなるほどつまらないものとなるだろう
だからこの記事では広さについては言及しない
そもそもGTAのようなビル街とMAD MAXの砂漠とで広さを競い合ったところでどうにもならんし。

MAD MAXの世界は今こうやって自分がブログを書いていたり、あなたたちが読んでいるこの世界の滅亡後の世界を描いている
そしてMAD MAXの砂漠にはそうした旧時代の船や飛行機の残骸が四散しており、それらを根城に居を構えている者たちがいる

MAD MAXの世界を感じるにはそれらを見て回るだけでも十分に感じられる
だが真にMAD MAXの世界に生きるのであれば、もう少し踏み込んでみるのも悪くは無い
残骸から立ち上る黒煙はそこに人が住みガソリンを燃やしていることを表していて、砂漠に舞う砂埃はそこに住む人々が車を駆り、走り回っていることの象徴だ

MAXが食べるネズミやドッグフード、そしてウジ虫は明確にMAD MAXの世界を表しているといっても過言ではない
旧時代の残骸からは時折、過去の様子を収めた遺物が見つかることがある
「人々が犬や猫、鳩の肉を食べ始めた。この世の終わりだ」 と遺物にメモ書きが残されている
「ぜいたく品だ」 とMAXが吐き捨てる
そういう世界観を表す描写において、このゲームは最高に秀でている

だが、このゲームはあくまでアクションゲームだ
戦闘面はバットマンシリーズを思い出してくれればそれが当てはまる
だが、MAXはバットマンのように優しくは無い
この世界に法は存在しないし、MAXに人を殺めないという正義感は存在しない
そんな正義感を持つ者は滅びたからだ

殴り、折り、切り裂く
相手の未来を考えない無慈悲な攻撃こそ美徳だ
そういう世界だ




こういう書き方は俺にあわねぇや。

基本的に、ヒャッハー!ブッ殺せー!というような世界観
簡単に言えば北斗の拳。
虐げられる民はいない。そいつらはもう死んだ。
今はヒャッハー!ブッ殺せー!となっている命の価値の低い奴と、ヒャッハー!ブッ殺せー!となっているMAX
この二通りの人間しかいない世界になっている

ありていに言えば、このゲームはジャストコーズに北斗の拳を混ぜた結果というゲーム
車に乗ってワイヤーぶっ放して車破壊するとかモロである
ただ、世界観を大事にするということに関してだけは書いているとおり優れているのでジャストコーズを脳裏によぎる瞬間はあまりない
精々派手にあがる爆炎くらいだ。ジャスコ2はリコさんパナウの爆発祭りゲーだったし。

雰囲気を大事にするようなゲームが好き
北斗の拳が好き

これらが当てはまるなら買うべき

ウジ虫とか無理です

だったら買わないで良し
ぶっちゃけRAGEと似たような世界観だし、世界観だけ楽しみたいならRAGE買うのもアリかもしれん。

そんな感じ。

割と俺は楽しんでる。
で、早くやりたいのでここらで記事を終わることにする
またクリアしたら攻略記事的なものも書く。かもしれん。
あそこわかんねー、どうしろってんだよー みたいなのあったらコメントくれれば書くよ

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

[MAD MAX]ウェイストランドの一級品 ミッションで詰まってる方へ。

DirtyBomb飽きた

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)