05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

[MAD MAX]MAD MAXクリアした。ボス戦の様子とエンディング 

※この記事には最高レベルのネタバレ、ボス戦での攻略とエンディング、それの間際を書きます。
画像はありませんが閲覧の際は注意してください


AYTです

MAD MAXクリアしました
サイドミッション、脅威排除ともにそこそこのクリア率で約30時間でクリア
ストーリーだけ進めるのであれば早ければ10時間、遅くても20時間程度でクリア出来るボリューム

あとサンダーポーンだかサンダープーンだか名称忘れたんで、この記事ではサンダーポーンとしておきます
脳内変換よろしこ

■キャラクター紹介

まずホープとその娘、グローリーと相棒のチャムバケット
マックスの車であったインターセプターとマグナム・オプス
そしてそれらに関係するボスのスタンク・ガムとスクロタスについて説明

■ホープ

本作のヒロイン。ララ・クラフト似の美人(重要)

主人公のマックスとはとある拠点にて初邂逅
登場時には売りさばかれる前の奴隷として、次に出てきたときにはスタンク・ガムの奴隷兼愛人として登場

スタンク・ガムとのレースに勝利し、その景品として(成り行きで)マックスの物に。
スタンク・ガムが持つ車「ビックチーフ」のエンジンのV8エンジンを入手するために娘の救助を条件にビックチーフの場所を教える

マックスは娘のグローリーと共に故人である自身の本当の妻と娘を思い出し、急速に距離が縮まっていく

■グローリー

ホープの娘。北斗の拳のバット似の少女(ようするにあまり可愛くは無い)

ホープとともに売られるはずだったものの、マックスの手助けにより老人と共に檻から脱出
ともに脱出した老人と一緒に暮らしていたが、敵対組織により老人は殺害
ホープはその組織の旧時代の宝堀りの労働力として拉致され、マックスにより救助される

マックスを父とし、ホープとの結婚を望んでいた

■チャム・バケット

エンジニアでマグナム・オプスの作成者。そして超敏腕スナイパー。

右側が大きく腫れ、手の後の入れ墨を入れていて猫背
左目が失明しており右側の一部の髪の毛を残し頭は禿げていると特徴的な外見
マックスからは「小男」、他のNPCからは「猫背」などと呼ばれている。

もともとはスクロタスの町、ガスタウンで働いていた凄腕のエンジニア
基本的にマグナム・オプスの荷台か各拠点のマグナム・オプスの近くにいる

車に対し狂信的ともいえる謎の宗教観念を持ち、マグナム・オプスに対して愛情と言うには過ぎるほどの愛情を注いでいる
強靭な車が欲しいマックスとマグナム・オプスを完成させたいチャムバケット
それぞれの思惑が一致したためマックスと行動を共にしている

■インターセプター

マックスの乗る車。・・・だったが、オープニングでスクロタスにより強奪。その後解体されてしまう
その特徴的な黒いボディ、マックスの運転技術から「黒い狐」と恐れられていた

■マグナム・オプス

チャムバケットが制作した車
始めは外装すら無い鉄くず同然の姿をしていたが、開発を進めることで最強の車へと変貌してゆく

恐らく一番乗る車であり、一番便りになる車
カスタムをすることで装甲が薄い代わりに速い車や、遅い代わりに硬い車など様々な用途に臨機応変に使うことが出来る
荷台にはチャムバケットが乗り、そこからハープーンやサンダープーン(簡単に言えばロケットランチャー)の援護をしてくれる
だが、マックスは最終的には長距離移動のための巨大なガス管を乗せるつもりのようだ

■スタンク・ガム

ストーリー上では二人しかいないボスの一人。
顔に他人の顔の皮を組み合わせたマスクと他人の髪のカツラ
さらに体には髑髏のスカリフィケーション(墨を入れない入れ墨のようなもの)とかなり強烈な見た目をしている

チャムバケットの拠点を襲撃し、ピンク・アイの拠点を襲撃する
さらにホープ、ビッグチーフと物語の根本に大きく関わるキャラ。

ぶっちゃけスクロタスが最初と最後くらいしか出番無いんでデザインもあってこっちのほうが印象に残ってる

■スクロタス

本作のボス
本作の世界「ウェイストランド」を牛耳る悪の親玉

棒の先にチェーンソーをつけたような武器を所持しており、本人の体格もマックスより頭二つ分ほど大きい
ゲーム的な話をすると攻撃は全てカウンター不能とボスに恥じない強さを誇るドラム管に突っ込んで自爆するなど知能は低い

オープニングでマックスに武器を奪われ、脳天にチェーンソーの一撃を受ける
誰しもが死んだと思ったがしぶとく生きていた

マックスに殺されかけた後は凶暴だった性格がさらに加速し、マックスの恨みからか似た人物を見つけると容赦なく殺害
首を腰のベルトにブラ下げるなど異常としか言えない行動をとる
だが刺さったチェーンソーは今の技術では引き抜けない。
スクロタスの不死身を象徴するかのごとく、額で鈍く輝いている



■エンディング間際~エンディングまで

スタンク・ガムからホープを救助し、ビッグチーフを奪ったマックス
「ビッグチーフの場所を教えたらグローリーを助けに行く」という約束を守り、マックスはグローリーを救助する

だがその時に「マグナム・オプスを奪われる」と錯乱し、怖気づいたチャムバケットがマグナム・オプスと共に姿をくらませてしまう

チャムバケットは戻っていた
マグナム・オプスの生まれ故郷であり自身が聖域としていた自分の家へ。

しかし、チャムバケットはスタンク・ガムに尾行られていた
チャムバケットの聖域でスタンク・ガムとの最終決戦が始まる

最終決戦を制したマックス
だが、スタンク・ガムは衝撃の言葉を残した
「スクロタス様はお前の妻と娘の小さな家族を殺しに行った」

すぐにホープの元へとマグナム・オプスを走らせたマックス
だがそこには磔にされたグローリーと、首をロープで吊らされたグローリーの姿があった
最後の力を振り絞り、グローリーはこう言った

「誰も私の名前を忘れてしまう」

「俺は忘れない。必ず・・・必ず・・・」

スクロタスの居場所を探し出したマックス
彼の脳裏にはホープとグローリーの幻聴が木霊した

「あいつらの血で私の名前を書いてちょうだい」

「あなたは殺すことしか知らない。殺せ、殺すのよ」

スクロタスを倒すまであと一息というところまできた。奴の車、ランドムーバーは虫の息だ
崖下まで叩き落すのに後一回マグナム・オプスをぶつけてやればいい
だが、マグナム・オプスにも深刻なダメージがあり、ぶつけてしまえば壊れてしまうだろうということは明白だった

「そんなことをすればエンジェル(マグナム・オプス)が壊れてしまう!」
そう叫ぶのはチャムバケットだ

「エンジェルが死ぬのならば私も死ぬ、やめてくれ!」
エンジンが火を噴くボンネットの上で、チャムバケットは必死で止めようとする
だが、エンジンの炎よりも復讐の炎は燃えていた。

ランドムーバーにトドメを刺したマックス
だが、ランドムーバーから漏れ出た油はチャムバケットを殺すこととなった
そしてスクロタスは死んでいなかった。スクロタスはマックスの車、インターセプターを密かに回収し修理していたのだ

インターセプターに乗り、マックスを轢き殺さんとするスクロタス
だが、その程度で死ぬ男ではない
落ちていたサンダープーンにより、インターセプターを吹き飛ばしたのだ

スクロタスにトドメを刺さんと馬乗りになるマックス
そこでスクロタスが目覚め、逆にピンチとなってしまう

だが、スクロタス唯一の弱点とも呼べる頭に残ったチェーンソーを引き抜き
ウェイストランドの大悪党はこの世を去った

スクロタスを倒したマックスだったが、その代償に得た全てを失った
チャムバケット、ホープ、グローリー、そしてマグナム・オプス。

だが、戻ってきたものもある
インターセプターだ

吹き飛ばしはしたが、ダメージ自体は無かったのだ
クラッシュパッドに前のように妻と娘の写真を置き、マックスは走り出す。
得た物失った物、全てを飲み込む砂漠の中へと
また、以前のように。

MAD MAX




■ボス攻略

■スタンク・ガム

二本のナイフを手にしたボス。数体のザコとともに戦うことになる

ガード不能の攻撃とカウンター可能攻撃の2種類を持つ
また攻撃後に一瞬の隙があるが、チェーンコンボを行うことは出来ない

基本的にはナイフ持ちのザコと同じ攻略方法
赤いときは前転で避け、カウンターをして倒す
ここまで来たプレイヤーなら苦戦することは無いはず

フェイントを行うことがある

■スクロタス戦 1回目

スクロタス戦は特別MAPで2回行う。
一度目はスクロタスが乗るランドムーバーの破壊
取り巻きに数体のザコと火炎放射を行う車が一台ある

ランドムーバーから離れすぎるかマックスの体力がなくなることでゲームオーバー
基本的にはMAP上の強襲車両の撃破と流れは同じ

ランドムーバーは最初は無敵だが、ハープーンで左右の装甲をはがすことで燃料管が露出する
その左右の燃料管をサンダーポーンかショットガンで破壊することで勝利

厚めの装甲とサンダーポーンの強化を行っておくと楽
さらに余裕があればチャムバケットの修理時間を短縮しておくといいだろう

ザコ排除にはショットガンでの射撃、ハープーンで運転手を排除する選択を取る
サンダーポーンで倒してもいいが、ランドムーバーの破壊のために最低2発は残しておくと楽になる

■スクロタス戦 2回目

インターセプターに乗るスクロタスを倒す。
落ちているサンダポーンをインターセプターに当てることで倒すことが出来る

行動パターンは二つ
マックスの周りを弧を描いて回る
マックスに向かって突撃してくる

突撃の直前に止まるので攻撃を当てるチャンス
2回当てることで倒すことが出来る




ま、そんなわけでバットエンドでした。

プレイ中に
「あ、これ所謂『クリア後はボス戦の直前に戻って世界を楽しめます』パターンの奴だ」
って思ったけど、クリア後はスクロタスは死んだ扱いでチャムバケットやホープは戻ってきます
あと、インターセプターに乗れるようになり、オープニングで来ていたマックスの服とショットガンがアンロックされます

チャムバケットさんに関してはもうそれこそ書き足りないくらいの凄腕スナイパーなんだけど、それを書きだすとただでさえ長い記事がもう一つ記事書けるくらい長くなるんで割愛。

こういうバッドエンドは苦手なのでやめてください、死んでしまいます
バイオショック インフィニティのエンディングですら苦手だったのに。

そんな感じ。

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト

category: ゲーム

Posted on 2015/09/27 Sun. 01:14  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gikonekonetoge.blog79.fc2.com/tb.php/847-f35360ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)