AYTです

前にも書いた気がしないでもないけどIronBrigadeの記事書きます


評価としては85点から75点
ゲームバランスのために機体での移動をしにくくしている点が評価を下げる形に。
ゲームとしてはサンクタムを思い出させるシューティング&タワーディフェンス系のゲームで非常に面白い。

■システム

前述の通り、サンクタムのようなタワーディフェンスにシューティング要素を追加したようなシステム
プレイヤーはトレンチと呼ばれる機体に乗ってチューブと呼ばれる異形のモンスターたちを倒していく、というストーリー

トレンチは自由に組み立てることが出来、移動速度が速い代わりに脆い機体やその逆
他には対空は得意だけど対地は苦手、といった自分のプレイスタイルにあった機体を組み立てることが出来る

さらにポッドと呼ばれるタワーディフェンスのタワーたちも自由に組み替えることが出来る
例えば対空が得意な機体を作って対地はタワーに任せる、といった具合の戦い方も可能 ということ
ただし、トレンチには持っていけるポッドにも制限がかけられているので、その辺も自身のプレイスタイルに相談という形になる

例:火力は低いけど色んな種類のポッドを持っていける機体、火力は高いけどあまりポッドを持っていけない機体 という具合

■総評

このゲームの機体は移動速度も遅いし、ジャンプをすることも出来ない
恐らく、初めてゲームをプレイする際にそこに不満を漏らし、駄ゲー扱いしてしまうかもしれない

だが待ってほしい
このゲームでのトレンチは前述のとおり、とても強力な存在だ
ぶっちゃけ4人COOPならキッチリやればポッドも必要最低限で済むほど。
そんな強いトレンチが機敏な移動をするとどうなってしまうか、あまりに簡単で楽に勝ててしまうゲームになってしまうのだ

つまり、その移動速度の遅さや不便さはゲームバランスのためであり
「手薄になるような場所へはポッドを設置して対処をしろ」 という、開発会社からのメッセージなのだ
俺はこのことにゲームプレイ中じゃなく寝る前に布団で考え事をしていて気付いた

プレイヤーキャラクター(機体ではない)の動きに少しだけ不満は残るものの、ゲームの根本的な部分はしっかりと作り込まれているという印象を受けた本作
ありがたいことに日本語化も公式で行われている
4人COOPで遊ぶのもまったく苦ではない・・・どころか、「俺こんな機体作ったぜ!」とワイワイ楽しめること必至の作品なのでぜひプレイしてほしい作品。

そんな感じでした。

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

[お絵かき]カカト落としのポーズイラスト[KOF XIII]

[Steam]Warhammer: End Times - Vermintide ネズミ狩に行こう

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)