07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ラムレザル の説明記事 

AYTです

バレンタインですね。
だからヴァレンタイン描きました。

ラムレザル


Pixiv ラムレザル・ヴァレンタイン

いつものように、ではないけれど
今回も何個か意味を持たせた模様があるので説明させていただきます

最初に考えていたのは、とにかくQueenの曲からイメージを作るというもの。
これはソル・バッドガイがフレディ・マーキュリーが元ネタの名前であることと、ヘッドギアの「ROCK YOU」から。
詳しい話は下記で。



まず、マントの中、赤い部分から。
一番最初に模様を入れた部分であり、とりあえずということで「RAMLETHAL VALENTINE」の文字を。
RAM.png
そんでもって自分、Redoneの名前を。
ReDoNe.png

赤色の部分はそんなところ。


次、マントの外側。
マントと背景には家庭用版のストーリーのことを書いています

空きのスペースには「MAMA」の文字。
これはストーリーでラムレザルが「お母さん」に絶対の忠誠を誓っているから。
画像で緑色に書いたところ以外のなんかトゲトゲしてるところは大体「MAMA」。
お母さん

画像左側には「I see a little silhouetto of a man」
日本語に訳すと「一人の男の影が映る」という意味で、「一人の男が現れた」という風に解釈。
これはシンのことを意味しています。
ISEE.png

ここから画像を180度回転しなければなりません。
「MAMA has a BEDMAN put aside for me」
「ママが私にベッドマンを寄越した」という意味。
ストーリーでベッドマンがラムレザルを排除しにきたシーンのこと。
なんでか知らないけど、「D」を逆に書いてます。
MAMA.png

「Spare her she's life from this monstrosity」と書かれてあって
「私をこの運命から救ってくれ」という意味。
シンがラムレザルという「道具」の運命を変えた、という意味ですね
Spare.png

つまり、マントには

シンという男が現れた
「お母さん」が私にベッドマンを差し向けた
シンが私を救ってくれた

というような内容が描かれています

そんで、帽子にはThirdという文字を入れています
帽子のツバには「3」やら「三」やら「参」やら「Ⅲ」やら、とにかくThirdな文字を入れまくっているのですが、これは初代ヴァレンタインからエルフェルト、そしてラムレザル。
「3」人目のヴァレンタインである、という意味です
エルフェルトの姉だから二人目なのが正しいんだけどね
THIRD.png



で、背景。
ベッドマンの目印である十字架に矢印、十字マークと各種必殺技、タスクのマークを入れています。
そして、ベッドマンの矢印の先には・・・
bedman.png

「ROCKYOU」の文字が。
つまり、ベットマン陣営→ソル陣営になりましたよ、という意味の背景というわけです
ROCKYOU.png



小話

このルシフェルに乗るというポーズ。
GG2でヴァレンタインが実際にやってた行動ではあるのですが、実はまったく意図してませんでした。GG2やったことないし。
ポーズの元ネタはバットマンのこの画像。
tumblr_ned4kj547I1t2p3goo1_1280.jpg
「マントどう書けばいいのかわかんねぇよ・・・」ってなって、バットマンとかそれっぽいじゃんってなって
石像に乗ってるから代わりにルシフェルに乗せようってなって、「初代ヴァレンタインから何か得られるものは無いかな?」って見てみたらこうなってた、みたいな感じ。



さて、最初に話していた通り、この絵の模様・・・というより、散々書いてた英語には元ネタが存在します
世界でもっとも有名な曲の一つである、Queenのボヘミアン・ラプソディという曲です



前述の通り、Queenから何かネタを頂戴するのは書き始めの時点で決まっていて、最初は自分は一番好きなQueenの曲
Don't Stop Me Now」から何か得るつもりでした
だけど、何か曲のイメージがラムというよりはシンやエルのほうが近い気がして、ほかに何か無いかと考えた結果
「ママ、ママって言いまくってるしボヘミアンラプソディのほうがあってるな」ってなって決定。

いざ書き始めてみると思いのほか歌詞が合っていて、実は本当にラムのストーリーのモチーフなんじゃね?と疑ったほど。

ちなみに、「お母さんが私にベッドマンを差し向けた」の和訳は
長年のなぞが解けました。Bohemian Rhapsody  から拝借したものです

最後に英語は本当に自分、全ッ然なんで「この英文はおかしい」と言われても「絵としての完成度を優先した結果です」としか答えられないのでよろしくお願いします

そんな感じ。

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト

category: ブログ

Posted on 2016/02/14 Sun. 14:55  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gikonekonetoge.blog79.fc2.com/tb.php/861-25cc5c42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)