AYTです

SUPERHOT、クリアしました


2時間ほどでクリア

ストーリーは(英語が読めないので)あまり詳しくは書けないのだけれど
ちょっとしたホラー要素・・・とまではいかないけれど、そういうことなのか、となるようなストーリーだった

ストーリーはプレイヤーとAIとの会話、チャット形式で進んでいく。
だんだんと狂気と化していくチャット内容や、『「SUPERHOT.exe」を遊んでいる自分を殺害する』というような内容は、ホラーとも違う恐ろしさを演出していた

人間の真価を問われているようなストーリー内容や、AIとの会話はPortalシリーズの影響を受けたようにも思う

さて、肝心のゲーム内容について。
動いていない間(WASD操作、攻撃をしていない)は時間が極端に遅くなる、というのが特徴的なFPS
相手をじっくり見てから攻撃出来る分、敵のAIはかなり強めに設定されていて、この「時間鈍化」を使わないプレイだと相当な難易度になることは間違いないくらいの難易度だった
具体的に言えば、的確にこちらを狙ってくるし、弾速の概念があるゲームなのでほぼ完璧な偏差射撃をしてきたり。
逆に言えば、しっかりと時間鈍化を使えばストーリークリア自体はそれほど難しくなく、倒された後もすぐにゲームを再開できるのでダレることなく快適に遊ぶことが出来る

PVではまるでマトリックスようなスタイリッシュな動きで敵を倒していたが、実際に遊んでみた自分の感想としては「このゲームはFPSの皮を被ったアクションパズルFPSだ」、という感想。
止まった時間の中で相手の次の行動と自分が次に出来る行動、それらを照らし合わせ「自分の次の行動は何が最善手なのか」を探すゲームである。

このゲームの進み具合としてはこうだ

行動、止まる→回りを見渡し状況確認→何が最善手なのか→行動→・・・
やってみれば分かると思う。本当にこういうゲームだ
SUPERHOTと銘打ってはいるが、自分はSUPERCOOL、そんなイメージだった
冷静に判断をして、その判断を積み重ねる。そんなゲームだった。

万人にオススメ出来るゲームではないけれど、ハマる人はハマる、そういうゲームだった
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

[ゲームレビュー]ゴア表現を讃えよ。Shadow Warriorレビュー。

誰かあの会社を止めろ。某過激派組織との戦いを描いたレールシューター『IS Defense』

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)