07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

[Steam]新生DOOM、クリア。早くプレイしたい、そんな欲求に駆られる納得のゲーム。 

AYTです

新生DOOMクリアしました
見つけれる限りの隠しアイテム探して難易度「手加減無用」で9時間でクリア

20160521044040_1.jpg



今更説明するまでもないですが、DOOMの説明。

3DFPSシューターの元祖であり、昨今まで続く探索系FPSの始祖であると言える作品
大雑把に言えば、MAPに落ちているアイテムを集めていくとだんだんキャラクターが強くなっていくような作品を辿っていくとDOOMに行き当たるよ、というゲーム。

本作は「DOOM」のリメイク、ではなくストーリーが前作から続いている実質の続編で、地獄でデーモンを殺しまくるドゥームスレイヤーとなった前作主人公。
プレイヤー間ではDOOMGuyと呼ばれてるらしいのでこの記事でもガイと呼ぶことにしますが、ガイに恐れをなしたデーモンたちはなんとか策を張り巡らしてガイを封印することに成功。
地獄の平和は守られたのでした。めでたしめでたし。までが前作から今作までの間の出来事。これは作中で語られています

で、火星基地で地獄のエネルギー研究をしていたらガイの封印の棺を発見
ガイについて研究をしていたら火星基地にデーモンたちが侵攻してきた!というのが今回のお話の始まり

長々しく書いたわけですが、単純に言えば「デーモンが攻めてきたのでブチ殺せ」。終わり。




さて、ストーリーはここまでにしてゲーム自体の話。

すっげー面白かったです。

武器が揃うまでは迫力もあまりなく、うーん?というような感じだったんですけど
ロケットランチャーやスーパーショットガン、その他銃のMOD(強化アイテム)が揃ってくるとゲームは加速的に面白くなっていきます

PVではグローリーキル(フィニッシュキル)によるゴア表現を全面に押し出していたと思います
確かにグローリーキルをすることにより回復アイテムが確定でドロップし、敵も早く倒せるため重要なアクションです

だけどDOOMの楽しさはそこじゃない

ガツンと来る銃撃、立ち止まれば死ぬ攻防
そういう射撃の楽しさがDOOMなんじゃないかな、と。
なので武器の揃う中盤や、MODの集まってくる後半になるほど楽しくなっていくゲームなのです




このゲームを遊んでいて思ったのが、とても遊びやすいゲームだな、と思ったこと。
探索系FPSの元祖、とは上に書いた通りなのですが、他の探索系FPSはMAPにアイテムが表示されない、ヒント無しで完全に隠されているイメージなのに対し、新生DOOMはマップを見ればアイテムが表示されるようになっています
「どこに置いてあるのかは教えてやる。そこへ行くための方法や道を探し出せ」というような感じ
そこへ行くための道も極端に難しいものではなく、物陰にちょこっと隠してあったり、上を見ればすぐ見つけれるようなそんな隠し方で
「プレイヤーをいじめてやろう」というような感じではなく「プレイヤーに楽しんで探してもらおう」という感じで作っているんだな、という印象を受けました

遊びやすいというのは何も探索要素だけを言っているのではありません
最近のゲームと言えば、「この前遊んだ時はどういうストーリーの進行で終わったんだっけ?」と迷うような、そんな複雑なストーリーが用意されていて、クリアする頃には「なんで俺はこのボスを倒さなきゃいけなかったんだっけ?」と思い出せなくなってしまうわけです
遊んだ時間は10時間でもプレイ日数的には1週間2週間と経ってしまっているわけですから当然です

でもDOOMなら安心。主人公の目的は終始一貫してデーモンをブチ殺す、ただ一つだけだからです

「なんで俺はコイツを倒さなきゃならなかったんだっけ?」「デーモンをブチ殺すためだろ?」
「このアイテムはなんで持ってるんだ?」「デーモンをブチ殺すためだろ?」

これだけでOK!
多分、自分がデーモンをブチ殺すのに夢中になってしまったのはこのストーリーのシンプルさのせいだと思います。




さて、そんな新生DOOM。
ベセスダらしいというかなんというか、やっぱりバグも多かったです

敵を倒すと扉が開くタイプのMAPで敵が出てこないで先に進めないパターン。
ヒジョーにベセスダらしいです。100点あげてもいいですね

遊んでたら突然落ちる。
スカイリムとかを見るとベセスダらしい。これも100点。

最小化するとマウス操作が効かなくなって何も出来なくなる。
過去遭遇したことのないバグに遭遇するのもベセスダあるある。100点ですね

バグに関してはベセスダの伝統を受け継いでいるという感じですね。完璧です

まぁ、今回開発id Softwareでベセスダから売ってるだけなんで「らしい」とか何も関係無いんだけど。




全てのFPSプレイヤーは遊ぶべき。そんな作品です。ゴア表現苦手な人はしょうがないけど。

そんな感じ。

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト

category: ゲームレビュー

Posted on 2016/05/21 Sat. 05:42  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gikonekonetoge.blog79.fc2.com/tb.php/876-8bd772bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)