04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

ゲームの性的表現規制について 

AYTです

最近話題の性的表現、暴力表現の規制について
なんだかなぁ、と思ってたので記事にします

女性差別や黒人差別、人種差別と呼ばれるものは「人権」と呼ばれるものが出来てからずっと言われ続けていることで、それが最近になり、ゲームの世界へ参入してきました
例えばハリウッド映画では、「カッコイイ主人公の他に黒人と女性を入れなければならない」、なんて暗黙のルールが存在しているらしいのですがそれがゲームにも適用され始めている、ということです

さて、そういう表現規制
最近になってそういう話をよく聞くようになりました

ストリートファイターVではレインボー・ミカというキャラクターの必殺技の際、「お尻から背中、振り向いた顔へとカメラアングルが向かっていく」という表現が女性を軽視していると批判を受け、「腰から背中、振り向いた顔へ」という風に変更されたり
オーバーウォッチではトレーサーというキャラクターのヒーローポーズが性的だと批判を受け、そのポーズが削除されてしまった、という話があります

また、キャラクターではなくゲーム自体が性的表現を連想させるとして発売中止になるパターンも存在し、デッドオアアライブはオーストラリアや欧州で発売禁止となっています
中身はちゃんとした格ゲーなんですけどね。DOA Xとかはしょうがないかなとも思いますけど

これらの女性差別
我々男性から見れば違和感しか感じません
もちろん、それら女性キャラクターを性的に見る男性は世界中にいるでしょう
しかし、女性に対し性的魅力を感じることに何の問題があるのでしょうか

レインボー・ミカと同じストリートファイターで例えるなら、ザンギエフが己の強さ、男らしさを誇示するために筋肉を見せつけたとしても、それらを規制しろという声は上がりません
レインボー・ミカは女性らしさを表現し、規制された
果たしてザンギエフが男らしさを表現することと何の差があるのでしょうか?

これは私の考えですが、SJW(ソーシャル・ジャスティス・ウォーリアー。ネット上で正義の刃を振る人たち。つまり俺)たちは女性を差別するな、という大義名分を前にゲームを差別したいだけなのだと思います
アダルトビデオに出ている女性やストリップショーに出ている女性に対し、フェミニストたちは決して声をあげません
矢面に立たされるのはいつもゲーム、アニメです
彼ら彼女らは大義名分を盾に、ただ弱者をいじめたいだけの差別者なのです

あと、これもまた自分の考えなんですが、女性の性的表現をするな、と叫ぶ女性たち
彼女らはきっと、今までの人生の中で男性に優しくされた経験の無い人たちだと思っています。もしくは男性を愛したことのない人。
優しくされた経験が無いから、自分に自信が無いから、優しくされる女性キャラクターたちを妬んでいる
もちろん過去の経験から、色々あってそういうことを叫んでいる人もいるんでしょうが、

さて、そういう女性差別とセットで語られることの多い話題が暴力表現です
例えば日本では性的表現については寛容なのですが、暴力表現についてはかなり厳しく、逆に海外、アメリカなどでは暴力表現は寛容ですが性的表現は厳しいのです

日本の暴力表現とそれに対する各ゲーム会社のクソ下らない配慮は時にゲームの破綻を招きます

エレクトロニック・アーツから発売されているバレットストーム
このゲームでは至る所に死体が配置されています。配置されているらしいです
なぜ、「らしいです。」なのか。それはその配置されているハズの死体が表現規制の名の元に全て削除されているから
だから主人公は血の後一つ無い瓦礫を見て何か叫ぶし、何の変哲もない砂利に向かって「なんてムゴいんだ」、と喋るわけです

四肢欠損や過度のグロテスクな表現が無ければゲームにならない とは思わないし、言うつもりもありませんが
過度な表現規制によりワケが分からなくなる、なんてものは表現規制云々の前に未完成のゲームと言わざるを得ません

グランドセフトオートVでは拷問をするというストーリーがあります
これもまた、日本では規制され、拷問シーンはカットとなっています

さて、ここで黒人差別、女性差別の問題へと戻ってみましょう
グランドセフトオートで拷問を受けたのは、恐らくアメリカ先住民、インディアンくらいの肌の色ですが
これがもし、ネグロイド、黒人だったり女性だったりしたらたちまち論争が巻き起こり、このストーリーは削除されていたでしょう
ですが、このストーリーは現在も削除されることなく、グランドセフトオートVという世界の一部として存在しています

ここで私が問いたいのは、黒人や女性で無ければ拷問をしてもいいのか?ということ
拷問を受けたのが日本人や中国人、黄色人種であっても何も問題は起きなかったでしょう
あなたたちは女性や黒人を守るためにそれら以外を差別していないか?と問いたい

勘違いしないでいただきたいのは、「全てのゲームやアニメは黒人や女性と同じように、白人や黄色人種が死なない物語を作れ」、と言っているわけではないということ
私が言っているのは、「全てのゲームやアニメは白人や黄色人種と同じように、黒人や女性が死ぬ物語を作れ」と言うこと
前者は規制をしろ、後者は規制をするな
そして私が言っているのは規制をするなということです

もし前者と同じようになれば人が死ぬゲームは全て発売中止だし、マンガはワンピース以外残らない。あ、エース死んでるから発売中止か
そんな世界はつまらないし、そんな物語は不自然だ

男性だろうが女性だろうが白人だろうが黒人だろうが死ぬときは死ぬ。
拷問を受けるときは拷問を受ける。
それをちゃんと書け。

自分がいいたいのはそんなところ
言いたかったことだけを言った結果こんな記事になりました

では。

終わり
関連記事
スポンサーサイト

category: ブログ

Posted on 2016/11/04 Fri. 20:02  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gikonekonetoge.blog79.fc2.com/tb.php/897-2671b9ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)