06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

[Steam]デッドライジング3 クリア。龍が如くOTEが目指した物 

AYTです

ブラックフライデーセールで安くなってたデッドライジング3をクリア
最初期のPC版では最適化がなされておらず、右下問題やら色々あったみたいですが現在は問題はほぼ解消している模様
ただWin10が推奨動作環境に無いため、Win10で追加された機能が相性が悪いようで十数分遊ぶとゲームが強制終了します

詳しくは過去に対処法の記事を書いているのでそちらで。

設計図とサブクエスト、サイコパスクエストはほとんどクリアしてLv50も達成済みで、大体19時間でクリア
途中のムービーシーンやらも考えるとクリアするだけなら1週10時間程度かな?

前作のデッドライジング2と比べると、遊びやすかった、という印象
まず、2ではオートセーブはありません。これ、最近のオートセーブに慣れている自分からするとかなりキツかったです
セーブせずサイコパスに負けて、「どこまで戻った、コレ・・・」と青ざめたのは1回や2回じゃききません
3ではストーリーやサブクエストが進行するとオートセーブが行われるので死んで青ざめることはありません

前回は娘がゾンビ化7日間の間にどうにか抗ゾンビ薬を見つけなければならず、その7日間の縛りもかなりキツめでした
今回も同じように7日間の制約があるのですが、比較的前回よりも時間の流れが遅く割とゆっくりとストーリーを進めることが出来ました
チャプターが進むごとにストーリーの進行度と残り時間が表示される点も良。
今チャプ何だけど後何日あるからサブストーリーをやろう、という目標が立てやすかったです

デッドライジングをデッドライジング足らしめている、武器のクラフト
前回は特定の場所でしかクラフト出来ませんでしたが、今回はMAPのどこでも、対応のアイテムを拾った時点でクラフティングが出来るようになっています

やっていて思ったのが、かの迷作、龍が如く OF THE ENDはこういうゲームを目指そうとしたんだろうな ということ
あのゲームも決して悪いゲームでは無かったんですけどね、龍が如くっていうゲームからあまりにも離れすぎてて今までのファンが困惑しちゃったんですよね
俺もOTEから龍が如くやらなくなりましたし・・・。

龍が如くっていうゲームはその硬派なストーリーはもちろんのことながら、コワモテのヤクザが映画出演したり、なんでチンピラがソイツに喧嘩売るんだよっていう、シュールな笑いを楽しむゲームだと思うんですよね
デッドライジングっていうゲームも同じように、何万というゾンビに囲まれる絶望的な状況でありながら変な恰好や変な武器で敵をなぎ倒していくという、アンバランスな絵面を楽しむゲームだと思うんです
だから、OTEはもっとはっちゃけちゃってよかったと思うんですよね
元々龍が如くも武器を改造して変な武器作ってましたから、近接武器とか、極みとか、今までの龍が如くにあったものをそのままゾンビゲーとして落とし込めば良かったんじゃないかと

龍が如くの記事なのかデッドライジングの記事なのか分からなくなりそうなのでこの辺で切り上げて

面白いか面白くないかで言われると、なんとも言えないんですよね
結局のところ、武器を作ってゾンビを倒す これだけのゲームですから
戦略性や個々の上手さ、そういうものがまったく意味を成さないゲームなんですよね

だからレビューもなんとも書けないのが事実だったり・・・。

関連記事
スポンサーサイト

category: ゲームレビュー

Posted on 2016/12/06 Tue. 06:53  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gikonekonetoge.blog79.fc2.com/tb.php/906-80f23c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)