08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Orcs Must Die! Unchainedをまた最近ちょこちょこやり始めた。 

先月辺りから、Orcs Must Die! Unchainedをまたやり始めました

今、賛否両論となってるSteamページですが実際のところそれらは今年1月辺りの大型アップデート前の評価が引きずっているからで今ちゃんとレビューをし直せば概ね好評程度にはなるんじゃないかな、と

一応正式版となった本作。
アーリーアクセスを3年も4年も続けて一体いつになったら正式版となるのかとなるゲームが多い中、1年ちょっとで正式版を出したこと、まずはそれを褒めようと思う
実際のところ、「それはどうなの?」と思うような仕様があるわけだけどそれに関しては後述

なんでこのゲームを選ぶのか、というと
単純な話、今現在Steamでリリースされているマルチプレイ有のタワーディフェンスゲームでまともに野良でマッチングするゲームがこれだけだ、ということ。
前作OMD!2はフレンド同士で無ければ一緒に遊べず、一期一会の邂逅を楽しむということは出来なかった

このゲームの場合、早ければ20秒、遅くても2分程度でマッチングして日本時間21時くらいでも大体800人程度は遊んでいる。
深夜2時頃がもっともピーク。大体2000人くらいが遊んでいる。
このマッチング時間はかの有名なオーバーウォッチでもっともプレイしているプレイヤーの多いクイックプレイと同じくらいのマッチング時間である
向こうが12人必要なのにこっちは3人で済むこととか、向こうがアジアサーバー内でのみマッチングするのにOMD!Uでは全世界マッチングであるという、細かいことを気にする必要はない。

さて、この一期一会の邂逅、というものがこのゲームは非常に楽しい
タワーディフェンスというものは当然、各々のプレイスタイルというものが普通のアクションゲームよりも如実に出る
好きなユニット、好きな配置。しかもそれは動きという目に見えないものではなく、しっかりと目に見えるものだからより違いがハッキリと分かる
とにかく相手の動きを遅くして時間を掛けて倒す、というプレイヤーもいればそんなもん知ったこっちゃねぇと言わんばかりに火力でゴリ押すプレイヤーもいる
クリア出来ないなぁと思っていたMAPが強いプレイヤーが現れてアッサリクリア出来てしまったりする
「コイツ弱えーな」「この人強いな」「この置き方スゲー」。そういった見知った同士では出来ない楽しみ方が出来るのが野良の楽しみ方であり、このゲームの楽しみ方である

まぁ多分、それが楽しめるのは低レベルの間だけで高レベルになるとガチガチに固まった理想の置き方を要求されるんだろうけど

さて、「それはどうなの?」と思った仕様についても語っておく
まず、このゲームのジャンルとしてはタワーディフェンスである。タワーディフェンスのハズだ
だが、TPS要素もありトラップとプレイヤー、2種類の攻撃で敵を倒していくというのが本作だ。そしてプレイヤーにはレベルが存在する
キャラクターではなくプレイヤーのレベル。最近流行りの1試合毎にゼロになるようなレベルではなく、試合を通じて上がっていき下がることのないレベルである
で、このプレイヤーレベルシステム。上がることによってキャラクターの攻撃力と体力が増える
つまり、レベル1とレベルマックスのプレイヤーには戦術や知識といったプレイヤーの腕で埋められない明確な差が存在する
極論を言えば、レベル1だけど上級者とレベルマックスだけど初心者という組み合わせで競争させれば、レベルマックスの初心者が勝つというような感じなわけだ

確かに長くプレイしてもらうためには遊んでもらうためのモチベーションを明確にする必要があるかもしれない
でも、レベルで強くなるというのはRPGやアクションゲームであって、タワーディフェンスのようなゲームは少し違うような気がするのだ
タワーディフェンスというのは知識と発想で殴るようなゲームであって、ヘタクソなプレイヤーでもYoutubeで上級者のやり方を見て同じ編成にすれば勝てる みたいなゲームだと思う

俺がタワーディフェンスだと勘違いしているだけで、開発はアクションゲームとして作ったのかもしれないけれど。

レビュー評価が低いから と敬遠していた人もいるだろうけど、その評価は過去のレビューが足引っ張ってるだけで最近の評価はそこまで悪くない
実際、Steamレビューを[あなたの言語]の[全体]から[最近]に変えると割と青色が多いと思う
無料だし、とりあえず初めて見ることをオススメする。
関連記事
スポンサーサイト

category: ブログ

Posted on 2017/05/16 Tue. 07:13  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gikonekonetoge.blog79.fc2.com/tb.php/915-2e5a3137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)