上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MineCraftという偉大なるゲームにより生まれたといっても過言ではないサンドボックスクラフティングゲーム
余りの完成度から後に出るゲームたちにはMineCraftクローンなる別名がつけられるようになったことも、ゲームを嗜むプレイヤーからは頷かれると思う

そんな中、積み木を積み上げるゲームだったMineCraftから進化した、と言っても過言ではないゲームたちが表れ始めた
例えばMineCraftでは家具と呼ばれるものは精々が木箱程度、階段ブロックを椅子に見立ててみた 程度だったものが、ちゃんとこれは椅子です、これは机です。とゲーム側で指定されたゲームたちのことだ
最初期に現れたゲームは7Days To DieやRustだった、と記憶している
他には2D作品になるが、テラリアなども当てはまるだろう

そういった家具の指定がされているゲームを、ここでは7D2Dクローンと呼ぶことにする
理由は自分がRustをプレイしたことがないからだ


さて、そういった7D2Dクローンゲームの中でも一際大きな輝きを放つゲームが2015年に登場したARK: Survival Evolved、通称ARKだ
名作恐竜映画、ジェラシックパークの世界観を踏襲した本作は高い評価を受け、当時のインディーゲームとしては歴史的な売り上げを記録した

そしてそれから5か月後、年を同じくしてまたも一つ、歴史的なゲームが発売された。FallOut4である

恐竜のいる謎の島と核戦争後のアメリカを舞台とするこれら二つのゲームにはクラフティングゲームという共通点があった

前置きが長くなったが、この二つのゲームのクラフティング部分について、比較していこうと思う
なお、当然ながらどちらもMODが入っていない前提で話す



二つの共通点

・地形破壊的要素が無い
・床、壁などが指示されている7D2Dクローン
・材料を集め、建築を行う
・NPC(恐竜)に指示することである程度資材を自動で集めてくれる
・資材の重量

どちらかのゲームにしかない要素
FallOut4

・予めゲーム内で指定された場所でしか建築が行えない
・ファストトラベル(※)
・ゲーム内NPCとの通貨による資材取引

ARK
・比較的自由な場所で建築を行える
・恐竜(乗り物)による高所建築や移動のし易さ

(※ ARKにもファストトラベルはあるが「移動は出来るが資材は移動出来ない」という特殊なものなので「無い」ということにした)




結論から言ってしまおう
建築に関してはFallOut4に軍配が上がる

まず、建築のし易さが段違いである

例えばARKの場合、重量制限ギリギリまで資材を詰め込み、壁や床を作って、建てたい場所までのそのそと歩き、建築を行う
FallOut4は建築可能範囲内ならば手ぶらで建築したい場所まで行き、Vキーを押せばいいのだ
そして仮に設置場所を間違えたとする。ARKの場合いちいち設置した物を破壊しなければならない。が、破壊すると資材は減る。これが大量に、それも貴重な資材を使用する建築物ならそのままログアウトコースだ
FallOut4の場合、ただEnterキーを押せば再設置が出来る。ストレスフリーなわけだ

再設置の有無と言えば、どちらのゲームにも地形破壊というものは存在しない
例えば、MineCraftや7Days To Dieでは夜になると敵が狂暴化する
その夜を凌ぐため、家を建てる資材の無い序盤では地形破壊、つまり穴を掘ってその中で一夜を過ごすことも少なくない
そしてARKとFO4にはどちらも穴を掘る、という機能は存在しない

と、いうことはつまり、「ここに家を建てようと思ったが、いざ建物を建てようとすると地形が邪魔で建てられない。しょうがないので地形を削って家を建てることにした」ということも出来ない
もちろんARKは地形の見積もりが甘かった自損事故のようなものなので保険は効かない
FO4では再設置が出来る。

ファストトラベルの有無、ここも大きい
Wキーを数十分押すだけのゲーム、一体誰がやりたがるというのだろうか。一体誰がやらせるというのだろうか。ARKならやらされるし、ARKでならやれる。
FallOut4ならTabを開いてツークリック。2分ほどのロード時間で移動完了である

もちろん、マルチプレイ前提のゲームとソロプレイのみのゲームという差異はあろうが、この記事はこの問題をどうやったら解決出来るかの記事ではなく、こういうことがあるよ。という事実のみを書く記事なのでそこに噛みつくのはやめていただきたい
噛みつかれるのはラプトルだけで十分である。

建築要素として大事なのは作れる建物の独創性だ、と思う
MineCraftがここまで流行ったのは重力に逆らうブロックという、自由性に富んだ建築が出来るからだと思っている
もし重力に従って落下するようなゲーム性なら何十Mという高さの巨大なアニメキャラ再現は行われなかっただろうし、空中に浮かぶ意味不明な文字列というこのゲームでしか見られない光景も見られなかっただろう

ではこの二つのゲームの建築においてはどうか
ARKに軍配が上がるだろう
精々が小屋程度の建築しか出来ない、屋根となる斜めのブロックが存在しないFallOut4と、斜めのブロックが存在し屋根が作れるARK
どちらが独自性に富んだ建築が出来るか、など議論する必要すらないほどだ

ここまで読んで、まるでARKに褒めるべき点が無いみたいじゃないか、と思うかもしれない
もちろんARKにも褒めるべき点はある
恐竜がいる、恐竜に乗れる、時間を無駄に消費出来る、精神修行が出来る、悟りを開ける、昔懐かしいフラワーロックを見られるetc。
一応フラワーロックのバグはだいぶ前に直ってるけど
だが、今回の記事の内容である建築要素と恐竜がいる、ということに直接関係は無いので語っていないだけだ

というかそもそもがARKというゲームが「面倒くさい」を煮込んで煮詰めて箸突っ込んで垂直に立ちます!なんてゲームなんだから快適に建築出来るわけも無いんだけれど

と、いうわけでもしも

「MineCraftみたいな積み木ゲーには飽きたけどクラフティングゲームはしたい。ただ7Days To Dieよりはもうちょっとグラフィックのいいゲームがしたいなぁ」

という贅沢がプレイヤーがいてそこからさらに

「7Days To DieかFallOut4かARKしか選択肢が無いなぁ」

という、奇特なゲームプレイヤーがいたらARKよりもFallOut4をオススメするよ

っていう記事です。7D2Dはもう何年も遊んでないからよくわかんねーや

この記事を見たあなたはいますぐサンクチュアリヒルズをウェイストランド全土に誇るきれいな水の生産地にする作業を始めよう!
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

[OMD!U]Traits の話。その1

[OMD!U] トラップ選択の話

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。