FC2ブログ

FGO 2018年バレンタインイベント後半戦のグレー級、ブラック級3T周回PT
個人メモ用であって「俺のカルデアでは」のパターンなので汎用性とか星5使ってるのか とか言われても困りますお客様

写真 2018-02-07 23 26 41_preview
とは言ったものの、ただ画像を載せるだけというのも味気ないのでちょっと解説を入れながら。

グレー級ブラック級、どちらも3ターン攻略は2W目のヒュドラとキメラをどう倒すかというのがキモになります
ぶっちゃけ3W目のサーヴァント戦なんてフレマーリン連れてきてアマデウスが俺のケツのスターを舐めろを演奏してクリティカルで終わりだし。

つまり、3W目を全力で突破するために、2W目をどうコンパクトにまとめるかを考えれば自ずと必要ターン数は少なくなっていきます

で、戦闘をコンパクトにまとめるために有効な手段が特攻状態付与
そしてヒュドラ、キメラはともに猛獣属性を持っています

なのでクーフーリンプロトで殴れば死にます。

というわけでこの前提をもとに、PTを見ていきましょう

◆ 2018年バレンタインイベント 後半戦グレー級PT
DVcFosFVwAAvS6h.jpg

はい、まずグレー級

1ターン目 やってやるさ 存分に! いいだろう・・・ ステラー!

いつもの流れですね。アーラシュと右手に星のついた桜が一緒にいる時点でもはや逃れることの出来ないカルマ

2ターン目
まず前線に出てきた槍オルタの黄金掘魚図礼装の効果でスターが配られます
これ、ステラの弱点を補う形です。これについては後述
そしてそれをプロトが吸うためにスキル3、クリティカル威力をあげるためにスキル1を使用します。スキル3の効果で猛獣特攻も付与されます
で、カレスコで足りない分の20%を孔明が付与。ただ孔明スキル3だけでは威力が足りないので、槍王のカリスマと魔術礼装・カルデア戦闘服の全体強化で補助。
ゲイボルグ!でヒュドラが死んであと1匹をクリティカルで撃破

3ターン目
掘魚図の50%+2W目の20%+孔明スキル1の30%で100%。
最果ての加護で上がったクリティカル威力+孔明スキル1クリティカル威力&アマデウスのケツ舐めスターで確定クリティカル
交流は死ぬ

もし槍オルタ持ってない場合は「ランサーorバーサーカーで全体宝具&クリ威力UP持ち」、もしくは「ランサーorバーサーカーで全体宝具&NP30%以上獲得可能持ち
どちらかの条件を満たしておけば大丈夫です。

つまり、スパルタクスです。皆さん、スパルタクスを育てましょう
多分フォウ突っ込んでないと死なないと思うんですけどね

◆ 2018年バレンタインイベント 後半戦ブラック級PT
DVcFosJVoAAD7Xt.jpg

ぶっちゃけた話、上記のグレー級をそのまま使えます。ただギルを採用したほうがいいと踏んだのでギル採用。理由は後述

1ターン目はステラ。
2ターン目は夢幻のカリスマとギルのカリスマ、戦闘服の全体攻撃アップを使用。このときバビロンの蔵を使うとプロトに集まるハズの星がバラけてしまうので使わないでください。で、ゲイボルグ
3ターン目に英雄作成&ケツ舐め。ギルガメッシュにバスターが1枚でもあるか、ギルのカードが2枚かつアーツが1枚あれば勝ちです。アーツのときは音楽神の加護を付与することを忘れずに

ただ、2Wのキメラがグレー級のヒュドラよりも体力が多いので確定で殺しきるためにはカリスマのバフ&カルデア戦闘服のバフどちらも必要になります。フォウくん突っ込んでたらいらないと思うんですけど
俺プロトにフォウくん入れてないんですよね・・・

で、ギルを採用した理由がNP30%持ち、それに伴って孔明ではなくマーリンを採用出来る点。
アルトリアオルタのクリティカル威力バフが最大50%、孔明が最大50%
マーリンだと100%アップなんですよね。やっぱコイツ頭おかしい

とにかく、宝具の鯖特攻やギルの星5ステータスを加味した結果ギルのほうがよくね?って思ってギル採用したんですが
今考えれば槍オルタ魔力解放あるし槍オルタのほうが火力出たんじゃね?とか思います

ちなみに、ブラック級で出てくるボスサーヴァント、水着信長なんですけど
コイツほっとくとバーサーカーで織田信長のくせに回避1ターン使ってきてクソ面倒なんで倒しきれるか怪しいときはガンド使ったほうがいいっす。

あと、水着信長がバーサーカー、かつそこそこ体力が多いのもあって単純にバーサーカーだと倒しきれないと思います
クラス補正の仕様上、バーサーカー同士は1.5倍しかダメージが出ないので。
どうしてもバーサーカーで突破したいなら狂スロ辺りのクリティカル威力アップ持ちがいるんじゃないでしょうか




で。細かい話
こっからはぶっちゃけ知る必要無いよ 安定性を上げるための細かい話だよ という話

アーラシュのステラ メリットデメリットについて

まずデメリットから。アーラシュが死ぬ。以上。
バスター宝具なんで星が獲得出来ないというのが今回の周回における大きなデメリットとなります
2W目をプロトの宝具とクリティカルで乗り切るというのは今回の周回における大きなデメリット。それをカバーするための黄金掘魚図です

で、メリット。アーラシュが死ぬ。
これによるオーダーチェンジの節約は今回の周回における重要なポイントであり、仮にアーラシュがステラで死ななくなればステラの魅力は半減、それ以上とさえいえるほど重要です
こうすることで黄金掘魚図を始めとした「場に出た瞬間効果が発生する礼装」の効果をある程度任意に使用することが可能になります
ぶっちゃけ最近は「大ダメージが出せてオーダーチェンジが出来る宝具」って感覚になりつつある

そしてもう一個のメリット、というより、仕様というか
正直この仕様を使いこなしているプレイヤーは今まで見たことが無い上に、仮にこの仕様のためにアーラシュをPTに入れるか?と言われるとかなり難しいものもあるので紹介しようか迷ったんですけど、とりあえず出しとけば誰か上手く使うんじゃね?くらいの気持ちで紹介しておくことにする

本題に入る前に、仕様の紹介
FGOは3体のサーヴァントが5枚のカード、系15枚が5枚ずつ割り振られていって
仮に1ターン目、2ターン目にAのサーヴァントのカードが1枚も来なければ3ターンは必ずAのサーヴァントのカードが5枚くる計算になります
残りサーヴァントが二人になったときも同じように10枚のカードが5枚ずつ配られます

で、このとき、例えば2ターン目、既に5枚配られた状態でサーヴァントが一人倒された時はカードがリセットされます
ちょっと分かりにくいので画像で説明

写真 2018-02-08 0 46 13_preview

クーフーリンプロトのカード構成はバスター2枚 クイック2枚 アーツ1枚となっています
現在バスターが2枚、クイックが1枚出ているのでクイックとアーツが1枚ずつしか残っていません

写真 2018-02-08 0 47 07_preview

しかし、その後にステラを使用するとプロトにまたバスター2枚とクイック1枚が回ってきました
このようにステラには「死ぬことによるデッキのリセット効果」も持っている と言うことになります

でもまぁ、だからなんだ という話になるんですけど
ステラしてもその後のカード配布を操作できるわけではないので、役に立たない小ネタとして知っておけばええんとちゃいますか ってお話です
仮に有効活用しようとするなら、自分のカードを変更出来るとか、そういうカードゲーム的スキルを持ってるキャラクターが実装されないとダメだと思います

まぁ要するに、「流星一条」という宝具は、全体に大ダメージを与える宝具、ではなく
「全体に大ダメージを与えつつ後方のサーヴァントとチェンジを行い、同時に場のカードをリセットする」
という、超超特殊な能力を持った宝具 というお話でした




なんかバレンタインイベントの記事というよりはステラの記事になった感がありますが、まぁいいでしょう
ステラをオーダーチェンジの宝具として戦略に加えられるか否か はFGOの初心者脱出の1歩目な気がします
それくらい強力で深い宝具だと思ってるんで、ぜひ使いこなしてください
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

[FGO]北米 シャーロットの3ターン周回パーティー

「面白かったけどもう二度とやりたくないゲーム」 5選

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)